不眠症について

こんな症状の悩みはありませんか?

  • 寝たいのに眠れない
  • 夜頻繁に目が覚めてその後寝られない
  • 朝予想以上に早く目が覚めた
  • 何時間寝ても寝た気がしない
  • 寝不足で体調不良と感じている

誰しもが寝たいのに寝れないという体験は、1度はしたことがあると思います。

心配事がある場合、過度なストレスを受けた時、試験や大事な用事の前日など様々なことが原因で眠れなくなったりしますが、通常は数日の内に眠れるようになります。

しかし、それが1ヶ月以上続く場合があります。

そうなると不眠症となり様々な身体の不調が現れます。

眠れない日が1ヶ月以上続き、身体の不調でお悩みであれば当整骨院にご相談ください。

不眠症とは

不眠症は、長期間に渡り夜間の不眠が続き、日中に身体や精神の不調を感じていることが医師によって認められることで診断されます。

夜間の寝つきが悪い熟睡できている感じがしない朝早く目が覚めてしまう眠いのに短時間で目が覚めてしまうといった症状が続き、良質な睡眠を確保できていないため、日中に眠気を感じる、注意力の散漫、精神や身体の不調が起こる状態のことを言います。

日本では約5人に1人が不眠の症状で悩んでいると言われており、国民病と言っても過言ではないです。

不眠症の症状

不眠症の症状は多岐に渡ります

倦怠感意欲の低下集中力の低下抑うつ頭痛めまい食欲の低下など多くの症状に悩まされます。

また不眠症には寝つきの悪い入眠障害眠りが浅く何度も目が覚める中途覚醒朝早く目が覚めてしまう早朝覚醒寝ても休養感が得られない熟眠障害の4種類があり、それぞれ症状が違います。

入眠困難は、就寝してもなかなか眠ることができず、寝付くのに30分から1時間ほど要します。

寝れないことに苦痛を感じ、不安や緊張が強い時に起こりやすく、不眠症の中でも特に多い症状です。

中途覚醒は、睡眠中に何度も目が覚め、その後中々寝付けなくなります。

年齢を重ねるごとに眠りが浅くなったりするため、中高年や高齢者に多いと言われています。

早朝覚醒は、起きたい時間よりも2時間以上早く目が覚めてしまい、再度眠れなくなる状態のことです。

体内時計のリズムが崩れやすい高齢者に多くみられ、その他にもうつ病の方も早朝覚醒の症状が出る場合があります。

熟眠障害は、睡眠時間は十分に取っているのに、眠った感覚を得られない状態のことを言います。

睡眠中に症状が現れる、睡眠時無呼吸症候群や周期性四肢運動障害といったことが原因で眠りが浅くなるのですが、睡眠中なので本人では気づきにくいです。

不眠症の原因

不眠症の症状によって原因がありますので、自分で判断すると間違った対応をしてしまい逆に悪化してしまう恐れがあります。

必ず専門家に相談するようにしてください。

ストレス

日常生活における不安や不満はストレスとなり、安眠を妨げます

神経質な方や生真面目な方ほどストレスを受けやすいので、不眠症になりやすい傾向にあります。

身体の病気

高血圧や心臓病をお持ちの方、呼吸器系の問題腎臓病糖尿病アレルギー脳出血や脳梗塞といった様々な病気で不眠症になる場合があります。

また、睡眠時無呼吸症候群や周期性四肢運動障害といった睡眠中に発生する症状でも睡眠が妨げられ不眠症になる場合もありますので、心当たりのある人は必ず専門家に相談するようにしてください。

精神的な問題

うつ病を始め、様々な心の病気は不眠を誘発します。

不眠と思っていたらうつ病だった例も耳にしますので、不眠症の症状が合併して現れる際は、精神科などで相談をおすすめします。

薬や刺激物

抗がん剤などは睡眠を妨げる薬として有名です。刺激物として挙げられるのは、カフェイン・ニコチンで覚醒作用があるので夜摂取すると安眠を妨害します。

生活習慣の乱れ

不規則な生活を送っているとバイオリズムが崩れ不眠を招きます。現代社会は24時間社会と言われており、昼も夜も区別がつき難くなっており、どうしても睡眠の質が低下してしまいます

生活環境

音や光などが気になって眠れない場合もあります。また、寝室が最適な温度や湿度でないと熟睡は難しいです。

不眠症を改善しようとしても、これらの原因を改善しないと不眠症は改善されません。

まずは原因を特定してから、不眠症を改善することを心がけましょう。

不眠症の対処法

上記のように原因は様々あるので、これと断言できる対処法はありません。

まずは、不眠症に関わっている原因が何なのかを特定する必要があり、さらに自分で熟睡できる環境を整えることが重要です。

真っ先にできる対処法としては、就寝時間をなるべく統一して規則正しい生活を送るよう心がけることです。

また、太陽の光に浴びるとバイオリズムも正常化されていくので、短時間でもいいので日光浴もおすすめです。

疲れていると、身体が休もうと睡眠を促すので適度な運動も効果的です。運動すればストレス発散にもなり、睡眠の質を向上することができます。

整骨院元 菊陽町光の森院では、背骨・骨盤矯正を行い自律神経の乱れを整えます。

また、適度に筋肉の緊張をほぐしますのでリラックス効果も得られ、ストレス発散にもなりますので、不眠症でお悩みの際はお気軽にご相談ください。

整骨院元 菊陽町光の森院の不眠症の施術方法

不眠症でお困りの方は整骨院元 菊陽町光の森院へご相談ください。

当院では徹底したカウンセリングを行い、皆様の身体の状態を的確に把握し、不眠症の原因を根本的に解消することを目指します。

皆様の心と体の元気のため、全力でサポートいたします。

お困りの方はぜひ当院へお任せください!スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE