冷え性について

こんな症状の悩みはありませんか?

  • 手足が冷えて辛い
  • 身体は火照っているが足先が冷たく感じる
  • お腹が冷えている感じがして下痢や頻尿気味である
  • 気温は温かいのに寒気を感じる
  • ぐっすりと熟睡できたことがない

身体が冷えるといった症状は、特に女性に多い悩みでもあります。

なかなか改善することは難しいので、体質だから、貧血気味だからと諦めてはいませんか?

なぜ身体が冷えるのか、仕組みと原因を理解することで冷え性が改善していきますので、諦めずに当整骨院までご相談ください

冷え性とは

冷え性は、全身の血流が悪くなって起きてしまいます。

血液が上手く流れることで、人間は体温を常に保つことができるのですが、血流が悪くなると身体の末端である毛細血管まで上手く血液が流れませんので手足が冷たく感じます。

冷え性を放置していると、身体の機能が正常に働かない身体の不調が慢性化していると感じて日常生活に支障をきたす恐れがあるので、深刻化する前に改善しなければなりません。

身体が温かさを保てる理由

血液は身体の隅々まで流れて、酸素や栄養を運び二酸化炭素や老廃物を回収し体外へ放出します。

この時、食事や運動などを行った筋肉や肝臓が熱を生み出し、血液と一緒に全身に送ることで人は体温を一定に保つことができています。

冷え性を改善する際、食事をバランスよく摂り運動しましょうと言われる理由は、筋肉や食事で得た栄養を正しく全身に運ぶためです。

過度なダイエットやトレーニングも、バランスが崩れることで体内で上手く熱を生成することができず、また全身に運べていないのです。

男性よりも女性の方が冷えを感じやすい理由も、男性に比べて女性の方が筋肉量が少なく全身に熱を送ることが苦手だからです。

なぜ冷え性が起こるのか

冷え性が起こるメカニズムは、一言で言えば血流が悪くなっているからなのですが、その理由の中でも、偏った食事で血液がドロドロになっている、骨格が歪んで血流を妨げている、運動不足による筋力低下自律神経の乱れといったことが挙げられるので人それぞれ原因が違います。

偏った食事を行っていると血流の流れが悪くなるので、靭帯の末端部分に熱が届きにくくなりますし、血液を送るポンプ役のふくらはぎの筋肉が筋力低下を起こしていると足先まで血液を送ることができません。

また、不摂生な生活を繰り返していると自律神経が乱れますので、血管を収縮させ血流が悪くなりますので冷え性になりやすくなります。

しかし、これらの知識を持っており色々と改善してみたが、冷え性の冷え性の改善に効果がなかったという方は、骨格の歪みが原因だと考えられます。

骨格が歪んでいると冷え性が起こる理由

基本的に、筋肉が発達しているほど血液の流れは良くなりますが、ほど良い柔軟性を保っていることが重要です。

筋肉が緊張してコリが発生している場合は、血管を圧迫している状態なので血流が悪くなっています。

では、何故骨盤が歪むと冷え性が起こるのかですが、骨盤が歪んだ状態でいると、腰回りの筋肉バランスが崩れるのでコリが発生します。

その影響は広範囲に渡り、骨盤の歪みの程度にもよりますが上半身は肩や首の筋肉下半身はふくらはぎの筋肉までに及びます。

特に腰周辺の筋肉に及ぼす影響力は強く、腸腰筋などのインナーマッスルを使い、太い血管から血液を下半身に送っているので、骨盤が歪んでいると下半身に血液を上手く送ることができません。

この他にも、骨盤の歪みは腰痛や肩こりなど引き起こし、筋肉を緊張させやすい状態になっています。

冷え性を改善したいのであれば、筋肉の緊張を取ることはもちろんですが骨格の歪みも改善しなければなりません。

冷え性を放っておくと

冷え性を感じながらも、温めると言ったその場限りの対策をしていると一向に改善しないことはもちろん、進行すると身体の不調も引き起こす他、低体温症といった全身に影響する症状も出てくる可能性があります。

冷え性は、肩こりや腰痛といった身体の痛みを引き起こすこともありますし、自律神経まで影響が及んでしまうと情緒不安定になる可能性も考えられます。

さらに、自律神経の中枢である視床下部にまで影響が広がるとうつ病や頭痛、めまいを引き起こし睡眠障害や摂食障害といった深刻な状況に陥る場合もあります。

上記のように冷え性を放置してもいいことはありませんので、冷え性は早めに改善を行うことが重要になります。

肩こりについて 腰痛について

冷え性のストレッチ

冷え性を改善するには、ふくらはぎのストレッチを行うと効果的です。

立っている時だったらいつでもどこでも行えるので、足先がいつも冷たいと感じる方はお試しください。

  • かかとを8~10cmほど上げて、15秒ほどつま先立ちをキープします。
  • 地面にかかとを降ろして15秒ほど休めます。
  • これを3セット行います。

きつい時は秒数を減らす回数を減らすなどして継続できるようにしましょう。

2周間ほど続ければ少しずつ効果が出ますので、楽だなと感じたら回数や秒数を増やすようにすると良いです。

整骨院元 菊陽町光の森院の冷え性の施術方法

冷え性でお困りの方は整骨院元 菊陽町光の森院へご相談ください。

当整骨院では徹底したカウンセリングを行い、皆様の身体の状態を的確に把握し、冷え性の原因を根本的に解消することを目指します。

皆様の心と身体の元気のため、全力でサポートいたします。

お困りの方はぜひ当整骨院へお任せください!スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE