ぎっくり腰について

こんな症状の悩みはありませんか?

  • 腰に激痛が走り身動きが取れない
  • 物を持ち上げた瞬間に腰に激痛が走った
  • くしゃみをしたら腰に激痛が走った
  • ぎっくり腰が年に何回でも起きる
  • ぎっくり腰の再発を防ぎたい

上記の症状が一つでも当てはまると、ギックリ腰の疑いがあります。

放置していると、症状が悪化し日常生活に支障をきたしますので、そうなる前に整骨院元 菊陽町光の森院にご相談ください。

ギックリ腰は、症状が酷くなる前に早めの対策が必要です。

ぎっくり腰(急性腰痛)とは

そもそも、ぎっくり腰とは通称で正式には急性腰痛症腰椎捻挫症という名称になります。

ふとした事で、腰に強烈な衝撃が走り今まで味わったことのない痛みに襲われます。

重いものを持ち上げた時や、ベッドから起き上がった時、また、ただ立っていただけでなったと言う事例もありますので、これをしたからぎっくり腰になると一概には言えません。

ぎっくり腰は様々な要因が積み重なって起こるので、原因ははっきりと分からず予防することも困難なので、日常生活を健康に送る上で厄介な症状の1つとなっています。

また、ぎっくり腰の症状だと思いきや椎間板ヘルニアや圧迫骨折といった別の症状の場合もありますので、急に腰が痛くなったからといってぎっくり腰だと思わず、早めに専門家へご相談ください。

椎間板ヘルニアについて

ぎっくり腰(急性腰痛)の原因

ぎっくり腰の原因は、はっきりと分かってはいませんがいくつかの要因があることは分かっています。

瞬間的・慢性的な腰への負担

まず最初に挙げられるのが、腰への負担です。

重い物を腰を使って持つくしゃみをした等、瞬間的に腰への負担が掛かる動作はぎっくり腰になりやすいと言われています。

また、テニスやゴルフ、野球など腰を捻る動作も腰への負担が掛かるので、準備運動をしっかり行ったり日頃から腰やお腹周りの筋肉を動かすなど注意が必要になります。

これら以外に原因が思いつかない場合は、日常生活などに原因がありそのダメージが蓄積されている恐れがあります。

物を移動させる動作が多い仕事、長時間デスクワークを行う仕事、立ちっぱなしの仕事などは気が付かない内に腰にダメージを負っている場合があるという事を覚えておいてください。

睡眠不足・運動不足

腰に負担を掛けていないと自分では思っていても、身体の不調でぎっくり腰を起こす場合もあります。

睡眠不足による疲労の蓄積運動不足による基礎代謝の低下血液循環の低下筋肉の柔軟性の低下、はぎっくり腰を引き起こしやすくなると考えられています。

いずれにせよ腰に過度なストレスが掛かっている状態は、ぎっくり腰になりやすいといえます。

骨格の歪み

実は、腰椎や骨盤の歪みも、ぎっくり腰に関連していると言えます。

骨格は本来、動作などで起こる衝撃を吸収する役割を担っているのですが、近年は立ち仕事やデスクワークといった限られた姿勢を長時間行っていることが多いです。

その行為は、長時間同じ姿勢を保つことを余儀なくされ、身体の一部分しか筋肉を使わないことが多く、身体の柔軟性が失われやすいと考えられます。

身体の一部分のみしか筋肉を使わないと、全体のバランスが崩れ骨格の歪みを生みます。

歪みが発生すると、ある一点に負荷が掛かり想像以上の疲労が蓄積され慢性的な腰痛やぎっくり腰を発生させることになります。

ストレス

精神的なストレスといた心因性の出来事も、ぎっくり腰を発生させやすくしていると言われています。

ネガティブな思考やストレスを感じた状態のまま重い物を持ち上げたりする動作を行った場合、集中力がでていないため正しい姿勢で行動することが出来にくくなります。

その為、腰に負担の行く動作を取ってしまいぎっくり腰を起こしやすくさせるのです。

また、ストレスが掛かると、痛みを感じる脳の働きに不調が起きます。

そうなると、痛みを感じやすくなったりもするので、精神的な不調もぎっくり腰に関わっていると考えられています。

ぎっくり腰(急性腰痛)の症状

ぎっくり腰は、別名魔女の一撃と言われるほど衝撃のある痛みが特徴の症状です。

時には、動くこともできないほどの激痛に襲われますが、数日ほど経過すると自然と改善がみられます。

なので、放置しがちになりやすいですが、ぎっくり腰を起こすと腰痛が慢性化しやすく、2度3度と繰り返してしまう恐れもあります。

また、数日経過しても、痛みが治まらなかったり足に痺れや痛みを感じた場合にはぎっくり腰ではない可能性も考えられます。

その場合、腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症といった症状が考えられますので1週間以上痛みが引かない場合は、放置せずきちんと病院で診断を受けるようにしてください。

脊柱管狭窄症について

整骨院元菊陽町光の森院のぎっくり腰(急性腰痛)の施術

ぎっくり腰はひたすら安静にしていればいいというのは、間違った知識になります。

近年の研究結果では、2日~3日ほど安静にしそれ以降は、少しずつでいいので無理のない程度に動くことを心掛けると、痛みが和らぐことが分かっています。

整骨院元菊陽町光の森院では、患者様の状態を注意深く観察し、その場その時で最適な施術法をご提案させていただきます。

ぎっくり腰の原因は、臀部背部大腿部など多岐に渡りますので、全体の筋肉や骨格のバランスを調整し、背骨や骨盤の歪み、その周辺の筋力の強化、再発防止のためのストレッチ指導を行い、ぎっくり腰の痛みの改善と予防を以下のような施術で行っていきます。

背骨・骨盤矯正

筋肉の緊張を解き解し、骨格の歪みを戻すことで身体のバランスを整え腰への負担を軽減できます。

身体の歪みは1度では改善できないので、回数を重ね身体に正しい姿勢を覚え込ませ、再発防止を行っていきます。

背骨・骨盤矯正について

鍼治療

手技では届かない深層の筋肉のポイントにアプローチできるため、ぎっくり腰や慢性的な腰痛に有効な施術です。

血流を改善する効果もありストレスによる負荷の軽減も行うことができます。

鍼治療について

筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜を緩めることで、骨に癒着している筋肉を解すことができます。

肩こりや腰痛は、筋肉の癒着が原因で起こりやすくなるので、筋膜を緩めることはぎっくり腰の改善に有効です。

コンビネーション治療

超音波やハイボルト、マイクロカレントなどを組み合わせた、1秒間に約100万回~300万回の音の振動で高速ミクロマッサージを行い、相乗効果を発揮する治療法です。

ぎっくり腰などの急性症状に効果が期待できます。

電気療法(干渉波)よりも、数倍の圧力を深層の筋肉まで直接アプローチすることができます。

ぎっくり腰(急性腰痛)の対処

ぎっくり腰になった直後は、腰周辺の筋肉や関節靭帯が炎症を起こしています。

その為、1日目は冷やしながら安静にすることが必要です。

2日~3日目も安静にしていて大丈夫ですが、極端に安静し続けることは逆に改善を遅らせることになります。

冷やしながら経過を診て、普段どおりに生活を送ると改善する速度も早くなります。

運動しても大丈夫ですが、腰部に負担の掛からない範囲で、ゆっくりとした動作を心掛けるとよいです。

また、不安であれば一時的にコルセットを装着しても問題ありません。

ぎっくり腰の痛みを和らげるためには、炎症や痛みを和らげるアイシング骨盤矯正などの施術、痛み周辺の神経に作用する鍼治療、筋肉の過緊張を解す筋膜ストレッチなど、患者様の状態によって対処を変えます。

ぎっくり腰(急性腰痛)でお悩みの皆様へメッセージ

最後まで長文をお読み頂き、ありがとうございます。

整骨院元菊陽町光の森院が、ぎっくり腰(急性腰痛)でお悩みの方と向き合う際に心掛けていることがあります。

問診や触診時に、どんな日常生活を送っているのか、どんな痛みを感じたのか、をしっかりと患者様に寄り添いながら話を聞き、施術計画を立てます。

ぎっくり腰(急性腰痛)は放置していると、自然と痛みが改善されるため大丈夫と思われる方も少なくありませんが、放置し続けると慢性化し再度ぎっくり腰になりやすくなります。

また、放置しすぎて痛みやしびれが残っていると他の症状の疑いも出てくるため、早期改善がとても難しくなります。

そうならない為にも、早めの診断を行い適切な改善策を練らなければなりません。痛みをできるだけ早く抑えるためにも、まずは当整骨院にご相談ください。

ぎっくり腰(急性腰痛)でお悩みの方を一人でも改善する為、地域医療と連携しながら皆様の笑顔と健康を最大限サポートしていきたいと思います。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE