腰椎すべり症について

こんな症状の悩みはありませんか?

  • 腰に痛みが出て、なかなか良くならない
  • 腰を反ると痛みが強くなる
  • 運動をすると痛くなるので休みがちになる
  • 段々と足にしびれが出てきた
  • このまま腰の痛みが続くのではないかと不安だ

腰椎は、椎体と椎弓と言われる部位から構成されています。

これらは正常時だとバランスよく積み重なっているのですが、何らかの原因でバランスが崩れてしまい椎骨同士が滑ったようにずれてしまうことがあります。

このような症状を腰椎すべり症と言います。

腰椎すべり症になると、脚の痛みやしびれが現れ、放置していると歩行が困難になる場合があります。

脚のしびれや痛みがあり、1周間以上続く場合は当整骨院にご相談ください。

腰椎すべり症とは

腰椎すべり症は、椎体と椎体がずれることにより椎間板が変形し飛び出てしまうことがあります。

また、ずれた椎体の一部が馬尾神経や神経根などを圧迫することにより起こります。

症状別で腰椎分離すべり症腰椎変性すべり症の2種類に大きく分けることができます。

腰椎分離すべり症の症状

小学生から高校生までの成長期に、激しい運動やスポーツを行うことで椎弓に負担が掛かり、疲労骨折を起こして椎体と椎弓が離れてしまうことがあります。

腰椎分離すべり症になると、腰椎の安定性が失われ運動時や日常生活でも慢性的な腰痛に悩まされることになります。

陸上やサッカー、バレーボール、水泳といった体幹に負担のかかりやすいスポーツを行っていると、腰椎分離すべり症になりやすくなります。

骨が分離している状態ですので、元に戻すことは難しいのですが、骨格の矯正、姿勢不良の改善、筋力の増強でしびれや痛みを軽減することができます。

腰椎変性すべり症の症状

明確な原因は不明ですが、腰椎を支えている椎間板や靭帯、関節突起といった身体の組織自体が変性してしまい、腰椎の安定性が失われて椎体と椎弓がずれてしまいます。

長時間、腰椎に負荷がかかったり加齢といったことが原因でゆっくりと変形していきます。

長い間時間を掛けながら変形していくので、腰椎の支持組織が破綻していることが多いです。

高齢の方がなりやすく、骨などの組織が変性しやすい女性に多くみられます。

どちらのすべり症も、馬尾神経や坐骨神経を刺激するため、坐骨神経痛と似たような症状が現れます。

また、腰回りの筋肉が過度な緊張を起こすと、症状が現れるのが特徴です。

腰椎すべり症の原因

当整骨院では、腰椎すべり症の原因を筋肉の緊張で起こる血管の圧迫と考えています。

筋肉が緊張すると固くなり、血管が細部まで栄養を届けられなくなります。

腰椎周りでそれが起こると、少しづつ変性し最後にはすべり症となって現れると考えています。

もちろん、これが正解とは言えませんが、腰回りの筋肉の緊張は腰痛や坐骨神経痛ぎっくり腰脊柱菅狭窄症と言った症状を引き起こす原因にもなっています。

注意すべきなのは、腰椎変性すべり症腰椎分離すべり症では特徴が違うということです。

腰椎変性すべり症は腰椎分離すべり症よりも多く発生して中年以降の女性に多くみられます。このことから女性ホルモンの影響を受けているのではとも考えられています。

また、腰椎分離すべり症は第5腰椎に起こりやすく、原因は成長期に激しく身体を動かすスポーツを行うことでダメージが蓄積することでなりやすくなります。

同じようなことが原因で、腰椎分離症という疲労骨折も起きやすくなるのでスポーツ後のケアは大切にしなければなりません。

腰痛について 坐骨神経痛について ぎっくり腰について 脊柱菅狭窄症について

腰椎すべり症を放置すると

腰椎すべり症がまだ進行していない場合、腰椎を支えている筋肉や靭帯部分に異常な緊張がみられ、このことが原因で腰痛として自覚することができます。

その際しっかりと検査を行わず、ただの腰痛と思って放置していると、症状が進行して周囲の神経を圧迫するようになり坐骨神経痛の症状が現れてきます。

腰椎すべり症や坐骨神経痛は、脚のしびれや痛みが出てきて日常生活に支障をきたします。

歩くのが億劫になるので、歩かないでおくと筋力低下を引き起こし更に悪化するという悪循環にはまります。

少しでも脚に違和感を感じたのであれば、放置せずにまずは専門家に相談するようにしてください。

腰椎すべり症の対処法

腰椎すべり症の原因は特定できないため、病院などは対処法として痛み止めの薬やコルセットをおすすめしています。

しかし、これらの対処は一時的なものでしかなく、神経を圧迫している原因を改善しないことには根本的に改善することはありません。

逆に筋力の低下などを起こし、悪化させる恐れがありますので過度に頼ることはおすすめいたしません

腰椎すべり症は、腰を反らすことで発症しやすくなるので、なるべく腰を反らせないようにする、腰に負担の掛からないよう専門家にアドバイスを受けながらストレッチを行う、無理をしない程度に腰回りの筋肉を鍛えることが重要になります。

腰椎すべり症の予防

腰椎すべり症に効果的な予防法は、現在見つかっていません。

ただ、お腹周りの筋肉を鍛えること、ストレッチやマッサージなどを行うことで柔軟性が保たれ、怪我しにくい身体作りを行うことができます。

これらを行うと姿勢も良くなってくるので、腰への負担は軽減されますから結果的に腰椎すべり症を始め、腰のトラブルを減らすことに繋がります。

また、身体のメンテナンスに整骨院に定期的に通うと異常の早期発見に繋がり、悪化させずにすむ可能性があります。

整骨院元 菊陽町光の森院の腰椎すべり症の施術方法

腰椎すべり症でお困りの方は整骨院元 菊陽町光の森院へご相談ください。

当整骨院では徹底したカウンセリングを行い、皆様の身体の状態を的確に把握し、腰椎すべり症の原因を根本的に解消することを目指します。

皆様の心と身体の元気のため、全力でサポートいたします。

お困りの方はぜひ当整骨院へお任せください!スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE