腱鞘炎について

こんな症状の悩みはありませんか?

  • 物を握ったり掴んだりすると痛む
  • 親指を曲げたり動かすと痛みが強く出る
  • 手首が引きつった感じがする
  • 指を曲げ伸ばしするとバネのような引っかかりを感じる
  • 起床時に手首が痛く、時間の経過で症状が軽くなる

手の使いすぎで、指や手首に過剰に負担が掛かることで腱鞘炎は起こってしまいます。

そんな腱鞘炎ですが、いくつかの種類があり症状によって適切な改善方法が変わってきます。

手首が痛いと感じたら、腱鞘炎の可能性がありますので当整骨院にご相談ください。

腱鞘炎とは

腱鞘炎は、指や手首を頻繁に曲げ伸ばしすることによって、指を動かすための腱と腱鞘という部位がこすれて起こる炎症のことを言います。

腱とは、筋肉と骨を結んでいるヒモ状の組織のことで、腱鞘とは、腱が骨から離れないように包み込んでいる管のような組織です。

腱鞘に炎症が起こると、痛みを伴ったはれや熱感が生じます。軽度の場合、少し休めば痛みは引いてきますが手を使い続けると腫れが引くとなく痛みが続くようになります。

症状が重くなると、痛みで指や手首を動かすことができず、放置するとさらに悪化してしまいます。

また、年齢を重ねると腱と腱鞘が固くなり血行が悪化します。血行が悪化すると炎症が起きやすくなるので、注意しなければなりません。

腱鞘炎の症状

腱鞘炎が起こると、手を使う動作全般で痛みが生じます。

特に、パソコンやスマホを操作する時に、手首周辺に違和感を感じたなら腱鞘炎の予兆である場合もあります。

また、腱鞘炎は手首だけではなく指や肘でも起こります。

そうなると、物を握ることが必要な動作全般で痛みが生じます。これらを放置しても改善することはありません

腱鞘炎の種類

腱鞘炎は、主に手首と指といった部位によって名称が変わります。

ばね指

指を酷使することで炎症が生じ、手のひら側に痛みを感じることが多いです。

指の腱が腫れるのですが、その腫れが腱鞘に干渉し、指の開閉に時間差を感じる状態になります。

どの指でもなりますが、親指がなる確率が多く中指、薬指と続きます。

重症化すると、自力では指を伸ばすことができなくなります。

ドケルバン病

親指側の手首に生じ、指を伸ばす側に痛みを感じる腱鞘炎です。

物をつかんだりタオルを絞るといった動作で痛みが手首に現れ親指を伸ばしたり開いたりする動作に支障をきたします。

他の腱鞘炎を併発することがあるため、早めの改善をおすすめします。

テニス肘・野球肘

テニスや野球をしている方に多く見られます。

バックハンドストロークや投球といった動作は、手首や指をひねる筋肉を使用するので肘に負荷がかかります

この動作を繰り返し行うと、肘に負荷が過剰に掛かるようになり痛みを生じるようになります。

スポーツ後には、必ずアイシングをしたりマッサージやストレッチを行ってメンテナンスする必要があります。

腱鞘炎の原因

腱鞘炎の主な原因は、その箇所の使いすぎによる過度な負荷によることが多いです。

女性ホルモン等の影響で女性がなりやすいと言われてはいますが、男性だからといって腱鞘炎になりにくいとは言えません。

パソコンやスマホを多様する方、楽器を演奏する方、文字や絵を大量に書く方など、同じ関節を酷使する方は腱鞘炎になるリスクがとても高く、気づいたらよく使う指や手首が腱鞘炎になっていたという方もいらっしゃいます。

また、出産直後のお母さんも赤ちゃんをずっと抱っこしている時間が長いため腱鞘炎になりやすいと言われています。

さらに、糖尿病になると腱鞘炎になりやすいと言われています。これは糖尿病になると腱といった結合組織に異常が発生しやすいためとされており、発症すると再発の恐れがあります。

一度腱鞘炎になると、日常生活に支障をきたしやすいため、日頃からストレッチなどを行い身体を労ってあげましょう。

腱鞘炎の対処法

腱鞘炎の1番の対処法は、手首や指の使いすぎを減らすことです。

パソコンやスマホを長時間使用する場合には、適度に休憩を入れながらストレッチを行うと効果的です。

昨今のスマホはサイズも大きくなり、その分重量も増え手首への負担が増えています。片手で操作するのではなく、極力両手を使用するようにしましょう。

また、キーボードやマウスには手首の負担を軽減するクッション手首を固定するサポーターを使用してもよいでしょう。

子育てでは、抱っこやおむつ替え、ミルク、洗濯など手首を使用することが多く、負担がかかってしまいます。

抱き方を変えたり手首や指を少しでも休めたりするなどしてましょう。パートナーや親に協力を仰ぐのも有効です。

スポーツで肘を痛めている方は、適切な道具の使い方やフォームの改善など行わないと過度な負担にかかり腱鞘炎に繋がります。

痛みが出る場合は、自分のフォームを見直してみましょう。

腱鞘炎のストレッチ

腱鞘炎を予防、対策するためにはストレッチが効果的です。

血行や腱周辺の筋肉が固くなると、腱鞘炎も起きやすいので日頃からストレッチを行い、腱鞘炎になりにくい身体作りを心がけましょう。

  • 右腕を曲げ、肘から手首にかけて筋肉のコリをほぐすように、左手で右腕全体をマッサージします。
  • 左手で右の指を引きながら、痛くない範囲で右手を反らして5秒維持します。
  • 左手で支えながら、右手を曲げ5秒維持します。
  • 左手も同じように計3セット行います。
  • ストレッチの他にも、定期的に休めたりして手首に負担のかけない方法を取り腱鞘炎の予防に努めましょう。

整骨院元 菊陽町光の森院の腱鞘炎の施術方法

腱鞘炎でお困りの方は整骨院元 菊陽町光の森院へご相談ください。

当整骨院では徹底したカウンセリングを行い、皆様の身体の状態を的確に把握し、腱鞘炎の原因を根本的に解消することを目指します。

皆様の心と身体の元気のため、全力でサポートいたします。

お困りの方はぜひ整骨院元 菊陽町光の森院へお任せください!スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE