脚のむくみについて

こんな症状の悩みはありませんか?

  • ふくらはぎが重くてだるく感じる
  • 脚がむくんで靴が履けない
  • 脚の冷えに悩んでいる
  • 足が太く見えて嫌だ
  • 急に体重が増える

夕方になると、ふくらはぎがパンパンに腫れた経験はありませんか?

脚がむくむと、見た目が悪くなり脚がやけに重く感じてしまい、だるくて歩くのも億劫になりますよね。

そんな脚のむくみが気になる方は、当整骨院にご相談ください。

脚のむくみとは

長時間立ったままや座ったままの仕事の終わり、ふくらはぎが重かったりだるさを感じた経験が一度はあると思います。

これはなんらかのことが原因で、脚(特にふくらはぎ)に老廃物などが溜まることでおきます。

放置していても自然と治ることが大半なので、むくんでいても放置している人がいますが、脚のむくみには2種類あり、長く続くと肝臓や腎臓、心臓の病気の前触れとも言われており注意が必要です。

また、脚のむくみは見た目に多大な影響を及ぼすので、定期的に改善するだけでも見た目が変わりますので、気になる方は改善された方がよいでしょう。

脚のむくみの症状

基本的に、両脚が膨らみ腫れるのが足のむくみになります。

脚のだるさを感じ、指で押すとへっこみ痕が残る(圧痕)のが特徴です。

しかし病気が原因の場合、片脚が急激に腫れたり痛みを伴う場合があります。

また、脚が変色を起こしたりむくんだ場所が異常に熱さや冷たさを感じる呼吸をするのが苦しい息切れや動悸などを感じると緊急を要しますので、できるだけ早く病院での検査をおすすめします。

また、圧痕がすぐに戻らない場合も、エコノミー症候群の可能性がありますので注意が必要です。

頻繁にむくみが起こる、短時間で治るむくみがたまに起こると言った緊急性の低いむくみで気になる方は当整骨院へご相談ください。

脚のむくみの原因

脚のむくみは、水分や血液リンパ液などが循環不良に陥り、細胞の隙間に水分が溜まってしまうことで現れます。

長時間立ったまま座ったままといった同じ姿勢でいると、下半身の血行が悪くなりやすく余分な水分や老廃物が脚に溜まり続けることになりますので、むくみの原因として多いのが日常生活上での姿勢になります。

身体を圧迫する下着類やウェアの長時間着用、座っている際の足組み等でも血行が悪くなりますので注意が必要です。

その他の原因としては、水分や塩分アルコールの過剰摂取身体の冷えホルモンバランスの崩れ薬の副作用等でもむくみが現れやすくなります。

特に塩分やアルコールの過剰摂取は、これらの成分を中和させるために身体中の多くの水分が細胞に溜まりますので、脚だけではなく手や顔にもむくみが出ますので摂り過ぎには注意が必要です。

身体の冷えでむくむ場合は、身体の冷え自体を改善しない限りむくみも改善されませんのでむくみと冷えを同時に改善する必要があります。

このように原因は多岐に渡りますが、下半身の血行を促進するだけでもむくみの改善はできますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

脚のむくみに関わる病気

脚がむくむ原因として、病気が関わっていることがあります。

血液の中に含まれるアルブミンというタンパク質が低下すると、血液中に水分を保有することが難しくなり、脚の細胞に水が溜まりやすくなってしまいます。

アルブミンは肝臓で生成され、腎臓でろ過されますのでアルブミンの低下は肝臓や腎臓の異常を意味しています。

もしもの場合があってはいけないので、むくみが長期間続くような場合は肝臓や腎臓の検査をしてみてください。

また、心不全と下肢静脈瘤も脚のむくみの原因と言えます。

心不全は、血液を送り出す心臓の機能が役目を果たすことができず、血液を送る力が弱まるのでむくみの症状が現れ、下肢静脈瘤は血液の逆流を防ぐ機能に障害が起こるため脚の血管が凸凹に膨らんでしまいます。

上記のような病気は、内蔵に異常が起こっていますので、病院での検査と治療をおすすめします。

脚のむくみの対処法

むくみを対処するには、ふくらはぎのマッサージや、入浴などで血行をよくして血液の循環を高めることが効果的です。

また、同じ姿勢を取る仕事を行っている人は、30分や1時間に1回は動くなどして出来るだけ同じ姿勢を取らないよう心がけましょう。

可能であるなら、ふくらはぎの運動を行うことでむくみの原因となる血行不良も改善できるので、ウォーキングの習慣化を取り入れるとよいでしょう。

むくみの他に、冷え性も改善できますのでおすすめです。

そして、塩分の摂り過ぎ、水分の摂り過ぎや摂らなすぎもむくみの原因となりますので、適切な食事習慣も心がけるとよいでしょう。

脚のむくみのストレッチ

血行が促進されている入浴中や寝る前にストレッチを行うと、脚のむくみが改善されますのでお試しください。

  • 右足の指の間に手の指を入れ、痛くない程度に握り固定します。
  • 足首を大きく5回まわします。
  • 右膝を立てたまま、右手で握りこぶしを作り外くるぶし周辺をグリグリと押さえつけながら刺激します。
  • つま先からふくらはぎの外側、膝の裏をこぶしですべらせるように5回往復させます。
  • 両手の付け根部分を使って、右足のふくらはぎ全体を下から上に向かい10回さすります。
  • 1~5を左足にも行います。
  • ゆっくりとした動作で行うことで、上手く血液の循環ができ脚のむくみが改善されていきます。

    続けることが大切ですので、時間がない時は回数を減らしてでもストレッチを行ってください。

整骨院元 菊陽町光の森院の脚のむくみの施術方法

脚のむくみでお困りの方は整骨院元 菊陽町光の森院へご相談ください。

当整骨院では徹底したカウンセリングを行い、皆様の身体の状態を的確に把握し、脚のむくみの原因を根本的に解消することを目指します。

皆様の心と身体の元気のため、全力でサポートいたします。

お困りの方はぜひ当整骨院へお任せください!スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE