腰椎椎間板ヘルニアについて

こんな症状の悩みはありませんか?

  • 下半身に強いしびれや痛みがある
  • 長時間座ることができない
  • しびれや痛みが出たり出なかったりを繰り返している
  • 身体を前屈させると痛みが出る
  • 痛みで背筋を伸ばせない

原因が特定出来るものから出来ないものまで様々な腰痛があります。

その中でも、原因が特定できて比較的多くの方が発症するのが腰椎椎間板ヘルニアです。

特に若い男性に多くみられるのですが、忙しさや根拠のない自信により違和感を放置する傾向にあるので、重症化に繋がりやすいです。

腰痛について

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎という部位で発症します。

腰椎とは、背骨を構成している部位の一部です。

背骨のことを脊柱と呼ぶのですが、その中で腰の脊柱のことを腰椎と呼びます。

腰椎を始め、脊柱は椎骨と呼ばれる骨が連結することで成り立っています。

この椎骨には椎間板と呼ばれるクッションの役割を持っている組織があり、身体を動かしたり骨に掛かる加重を和らげています。

しかし、加齢や激しい運動により椎間板が傷つくことがあります。

椎間板が損傷すると、組織が外に飛び出し周囲の神経を圧迫し腰周辺に痛みを感じるようになります。

椎間板ヘルニアは前かがみや中腰の姿勢を続けたり、重い物を持つといった腰に負担を掛けることを行う機会の多い、20代から40代にかけて比較的若い男性に多くみられます。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアには大きく2つの症状があります。

急性型は重たい荷物を急に持ち上げるくしゃみをするといった腰に急激な圧力が加わる時に起こりやすいです。

歩行が困難なほど痛みが激しい場合もありますが、安静にしていれば1~2週間で痛みは軽減すると言われています。

この時に無理に動いたり放置していたりすると、椎間板からさらに組織が押し出され神経を圧迫し慢性型へと変わりますので注意が必要です。

腰椎椎間板ヘルニアは第4腰椎と第5腰椎仙骨の間にある椎間板に異常が起こりやすく、場所によって症状は変わりますが、激しい腰の痛みを引き起こし、左右どちらかの足にもしびれや痛みが起こります。

また、背中を伸ばしている時や寝ている時には痛みが楽になるのですが、背中を丸めたり前かがみの姿勢を取ると痛みやしびれが強くなります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

腰椎椎間板ヘルニアは、環境や遺伝加齢といったことが原因として考えられています。

座る姿勢や前かがみといった姿勢は、普段でも行う何気ない動作ですが、この時の椎間板には体重の約2.5倍もの圧力が掛かっていると言われており、長時間繰り返し動作することで椎間板の負担を大きくし腰椎椎間板ヘルニアになるリスクを高めます。

また、椎間板の構成成分は遺伝子要素が関わっており、生まれつき脆い方もいます。

腰椎椎間板ヘルニアの再発予防

腰椎椎間板ヘルニアは、長時間腰に負担をかけ続けると起こりやすくなります。

日常生活を見直すことで腰への負担を和らげ、腰椎椎間板ヘルニアへのリスクを軽減することがでまます。

すでに腰椎椎間板ヘルニアになった人も、工夫をすることで再発防止にも繋がります。

また、負担を和らげるだけではなく、体重の急激な増加に気をつける適度な運動で筋力の低下を防ぐことも大切です。

下記の項目で、少しずつ日常生活に反映させると良いでしょう。

姿勢について

座っているだけでも腰には負担をかけ続けています。

定期的に立つよう等して負担を軽減するようにしましょう。

座る

床に座る場合、あぐらは一番腰に負担がかかります。椅子に座る場合、椅子が高すぎると腰に負担がかかるので最適な高さである、身長×1/4にしましょう。

調整が難しい場合はフットレストやクッションなどで調整を行います。

運転

背もたれに背中を密着させるように深く座ります。その状態で足がペダルから離れすぎないように距離を調整してください。

また長時間運転する場合は、適度な休憩を行うとよいでしょう。

掃除

前かがみになりやすい掃除も注意が必要です。掃除機の長さは自身の身長に合わせできるだけ上半身を起こすことの出来る長さに調整しましょう。

かがむ場合も、腰からではなく膝を落としてかがんでください。

台所仕事

常に立つ台所仕事では、両足を広げて高さを調整すると効果的です。

動作について

物を持ち上げたり取ったりする時は、腰をひねったり中腰状態は止めて、しっかりと腰を落とし自分の方へ引き寄せてから行うようにしましょう。

自分より高い位置にある物は、台を利用して背中をそらせないよう注意します。運ぶ際もカートを利用して自身に負担のないよう行います。

その他注意点

背筋や腹筋を鍛えることで、腰に負担がかかる動作を行っても耐えることができます。

また、定期的にストレッチを行うことで柔軟性が増し、痛みの軽減につながります。

適正よりも体重が増えると、腰に負担がかかりますので適正体重の維持は重要です。

腰椎椎間板ヘルニアのことなら整骨院元 菊陽町光の森院へご相談ください

腰椎椎間板ヘルニアでお困りの方は整骨院元 菊陽町光の森院へご相談ください。

当整骨院では徹底したカウンセリングを行い、皆様の身体の状態を的確に把握し、痛みの原因を根本的に解消することを目指します。

皆様の心と身体の元気のため、全力でサポートいたします。

お困りの方はぜひ当整骨院へお任せください!スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE