四十肩・五十肩について

こんな症状の悩みはありませんか?

  • 腕が挙がらない
  • 腕を挙げようとすると肩が痛む
  • 痛くて肩や腕を自由に動かすことができない
  • 寝返りや安静にしていても肩が痛い
  • 洋服の袖を通すことがしんどい

上記の症状に心当たりがありましたら、四十肩・五十肩の疑いがあります。

放置していると、四十肩・五十肩を改善するのに長期間かかるので、そうなる前に整骨院元 菊陽町光の森院にご相談ください。

症状が酷くなる前に、早めの四十肩・五十肩対策が大切です。

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩は関節痛の一種で、肩関節周囲炎と言われています。

肩を動かすことが困難となり、手を上に挙げると痛む症状のことを言います。

40代で発症すると四十肩、50代で発症すると五十肩と呼んでおり、それぞれの症状に違いはありません。

四十肩・五十肩は、加齢が原因で発症することが多く、特徴として肩を動かしたり、水平に保つことが出来にくくなります。

そのため、洋服を着ることが困難になったり、肩よりも上にある物が取りづらくなったり、頭を洗うことが難しいなど日常生活に支障をきたす症状があります。

肩こりと混合されることが多いですが、肩こりは筋肉の緊張が原因なので四十肩・五十肩とは明らかに違いますので、きちんと専門家に診てもらい判断を仰ぎましょう。

肩が動かしにくい、肩を動かした時に痛みがでる、肩が上がらないなどの症状を感じた場合は、早めの四十肩・五十肩の対応をする必要があります。

四十肩・五十肩の原因

肩の関節には、腱板という組織があります。その腱板が炎症を起こし関節を覆っている被膜が縮まることで痛みを発生します。

加齢と供に、筋肉や腱の柔軟性が失われていくので関節の動きを阻害されることが原因と言われていますが、四十肩・五十肩の本当の原因は、はっきりとしていません。

また、不規則な生活習慣ストレスホルモンバランスの変化なども四十肩・五十肩が起こるきっかけと考えられています。

四十肩・五十肩の症状

四十肩・五十肩は、急性期慢性期回復期の3つのサイクルがあります。

急性期

なんの前触れもなく痛みが発生します。

痛みは多岐に渡り、肩周辺が重苦しい鈍痛だったり、ズキズキと疼くような痛み痺れるような痛みが数日から数週間ほど続きます。

また、腕に違和感を感じるといった感覚異常も特徴です。

安静にしていても痛みを感じるので、睡眠不足にも陥りやすいのが特徴です。

慢性期

急性期を過ぎると、肩関節の可動域が狭まった状態が約半年ほど続きます。

痺れるような鋭い痛みは軽くなりますが、鈍い痛みに変わっていきます。

よって、肩を動かしづらく肩を動かさない状態が続き関節が硬くなることで可動域が減少します。

就寝時にも痛みが発生する場合は、枕やクッションなどを使うことによって負担を軽くすることができます。

回復期

半年以上経つと、急性期や慢性期に感じていた痛みは感じなくなる回復期へと移行します。

痛みから回復し肩も少しずつ動くようにはなるのですが、可動域は狭まったままなので肩を動かさないでいると、筋力の低下を引き起こし可動域は元に戻らなくなります

整骨院元 菊陽町光の森院では、患者様の状態や体力などに合わせて肩周りの筋力アップを目的としたEMSや、血行促進のための鍼治療、頸椎矯正を行います。

また、自宅でできるストレッチ等の指導で、四十肩・五十肩の改善・予防を行っていきます。

四十肩・五十肩と肩こりの違い

四十肩・五十肩は肩関節の炎症で、肩こりは筋肉の過緊張の状態です。

四十肩・五十肩は加齢による、肩関節をとりまく部位に炎症が起きて痛みが生じると言われています。

一方で肩こりは、血液循環の悪化、運動不足、姿勢不良、ストレスにより肩周辺の筋肉が過緊張を起こして痛みが生じます。

なので、四十肩・五十肩と肩こりでは、施術や対応方法が異なります。

誤ったセフルケアで症状を悪化させないように、まずは専門家に相談してみましょう。

肩こりついて

整骨院元菊陽町光の森院の四十肩・五十肩の施術

原因がはっきりと分かっていない四十肩・五十肩ですので、症状を悪化させないようしっかりと診断を行った上で施術を行っていきます。

また、四十肩・五十肩はサイクルによって現れる症状が違うので、その場その時で最適な施術法をご提案させていただきます。

急性期は、炎症が起きており患部に熱を持っている状態です。

この時に動かしたり温めたりするのは厳禁なので、痛みや炎症を抑える超音波治療やハイボルト療法を利用したコンビネーション治療を行い四十肩・五十肩の炎症を抑えます。

また、痛みが激しい場合は一時的に冷やす等の対処を行います。

慢性期では、肩関節をゆっくりと動かしながら筋肉の緊張を解きほぐし、運動療法を中心に痛みの緩和を狙った施術を行っていきます。

痛みが少ない場合は、頸椎矯正や鍼灸治療を行い、血行を促進させ関節の可動域を広げる施術を中心に行っていきます。

回復期の施術は、主に血行促進がメインとなるため温熱療法をメインで行います。

それと同時に、可動域の減少も起こっているのでストレッチや振り子運動療法などを行い、少しずつ肩関節の可動域を広げていきます。

四十肩・五十肩は、様々な症状が現れますので、患者様の状態を的確に見極め無理のない最適な施術法をご提案させていただきます。

四十肩・五十肩の就寝時の対策

就寝時に平らなベッドなどで仰向けになると、重力によって肩が押され関節に負担が掛かります。

この状態を続けると筋肉が引き伸ばされ、寝返りなどで別方向の力が加わると激痛を伴います。

痛みを起こさない為にも、就寝時には寝具の角度を調整する必要があります。

寝具で肩の高さを調整する

バスタオルや枕を腕の下に敷いて、肩の動きを安定させます。

痛い方を上にして横向きに寝る

横向きに寝ることで、四十肩・五十肩の痛みを軽減することができます。

肩の動きを安定させるために、抱き枕などを使用するとよいです。

枕の高さを調整する

枕が高すぎたり低すぎたりすると、肩に負担を掛け痛みが出ます。

痛みが出ない高さの枕を選んだり、タオルなどで高さを調整すると安眠できます。

四十肩・五十肩でお悩みの皆様へメッセージ

最後まで長文をお読み頂き、ありがとうございます。

整骨院元菊陽町光の森院が、四十肩・五十肩でお悩みの方と向き合う際に心掛けていることがあります。

問診や触診時に、どんな日常生活を送っているのか、どんな痛みを感じたのか、をしっかりと患者様に寄り添いながら話を聞き、施術計画を立てます。

四十肩・五十肩は放置していると、自然と痛みが改善されるため大丈夫と思われる方も少なくありませんが、放置し続けると確実に可動域が減少し日常生活に支障をきたします。

また、放置している期間が長くなればなるほど、筋肉が衰え四十肩・五十肩の改善に時間が掛かります。

そうならない為にも、早めの診断を行い適切な改善策を練らなければなりません。痛みをできるだけ早く抑えるためにも、まずは当整骨院にご相談ください。

四十肩・五十肩でお悩みの方を一人でも改善する為、地域医療と連携しながら皆様の笑顔と健康を最大限サポートしていきたいと思います。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE