股関節の痛みについて

こんな症状の悩みはありませんか?

  • 立ちっぱなしの状態で長くいると股関節が痛い
  • 歩いていると股関節に違和感を感じるようになる
  • 股関節を動かすと音が鳴る
  • 妊娠、出産を経験してから股関節に違和感を感じる
  • 脚が以前よりも開くことができない

動いたりすると股関節に痛みを覚えたり、違和感を感じるから動くことが億劫になっていませんか?

じっと動かないでいると運動不足に陥り、ますます関節や筋肉が固くなり歩行が不安定になったり姿勢が悪くなったり、最悪歩行に支障をきたすことになりかねません。

そうなる前にも、股関節の痛みを感じているのであれば当整骨院にご相談ください。

股関節の痛みとは

股関節が痛んでいるので検査を行った時に、変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)と言われたことはないでしょうか。

股関節の痛みが現れる代表的な症状として、変形性股関節症が挙げられます。

変形性股関節症の特徴として、初期状態の場合は自覚症状として現れないことにあります。

症状が進行すると、椅子や床から立ち上がったり、歩き始めた際に痛みが出るようになります。

股関節の痛みの症状

股関節は、大腿骨(だいたいこつ)と言われる太ももの骨と骨盤で構成されている関節になります。

大腿骨の先端は丸く球状になっていて、骨盤のくぼみである臼蓋(きゅうがい)にはまるように出来ている為、球関節と呼ばれています。

この股関節には、滑らかに動くための軟骨と球関節が外れないように強力な靭帯が付いているのですが、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)等で軟骨がすり減ってしまい骨までも変形してしまう状態を変形性股関節症といいます。

変形性股関節症にはいくつかの段階があり、初期状態では軟骨が変形しているだけなので違和感を感じるだけで済むのですが、変形が進み中期状態以降では軟骨が破壊され、大腿骨の先端が変形してしまうと激しい痛みを感じるようになります。

また、ロッキングといって一定の箇所から脚が動かない状態になる場合もあります。

他にも、お尻や膝等にも動作に支障が出てしまい、筋力が低下するという悪循環が生まれてしまいます。

症状が進みすぎると手術を進められるのでそうなる前に、早めの改善が重要になります。

股関節の痛みの原因

変形性股関節症の原因は、まず先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)といった先天的であることが挙げられます。

特に、乳幼児が先天性股関節脱臼になった場合、ほとんどが変形性股関節症を発症すると言われています。

なので、乳幼児期は股関節のケアを行うことが重要になってきます。

また、年齢を重ねると軟骨が自然とすり減ってくるので関節の変形が進み、変形性股関節症を発症する場合があります。

そして姿勢不良も変形性股関節症の原因と言えます。

姿勢不良は、全身の筋肉のバランスが崩れている状態であり、特に腰や股関節周辺の筋肉や筋膜が緊張を起こしやすくなります。

緊張が起こると筋肉は固くなりバランスが崩れ、骨盤や大腿骨を引っ張っている筋肉のバランスも崩れますので、球関節に過干渉を起こしてしまいます。

その他にも姿勢不良は、筋肉の柔軟性が保たれなくなるのでちょっとした衝撃を受けると大きなダメージとして関節に伝わり、変形を生じるリスクが高まっていきます。

この為、変形性股関節症が起きてしまうケースがあります。

股関節の痛みの対処法

股関節周辺が痛い場合、以下のような対処法で改善できる可能性があります。

しかし、痛みが増すようであればすぐに中止し、当整骨院の指示を仰ぐようにしてください。

お尻のストレッチ

股関節は、多くのお尻の筋肉で骨盤とつながっています。

この筋肉が緊張すると、股関節が引っ張られるので股関節の痛みが発生しやすくなりますので普段からストレッチを行うとよいでしょう。

  • 布団やヨガマットに仰向けで寝る
  • 左膝を抱えて胸に引き寄せる
  • 30秒ほどキープして、右膝も行う
  • 1~3を3セットほど行う

ストレッチを行う際は、深呼吸を行いながら身体をリラックスさせた状態で行うようにしましょう。

また、左膝で行う場合は右肩に引き寄せるように、右膝で行う場合は左肩に引き寄せるように行うと更に効果を高めることができます。

痛みがでる場合は、すぐ止めるようにしましょう。

太もものマッサージ

膝と股関節をつなぐ役割をしている太ももの筋肉が緊張していると、股関節に負荷がかかってしまい痛みを発生するリスクを高めてしまいます。

お風呂上がりで身体が温まった後にマッサージを行うことで、股関節の負荷を和らげられる他、柔軟性も良くなり冷え性やしびれにも効果があります。

太ももの外側を手のひらで叩くように、足首から膝の方へマッサージしていきましょう。

血液を、足首から膝の方へ送るイメージで行うとよいです。

身体を温める

身体が冷えていると、筋肉が緊張を起こし様々な身体の不調を引き起こします。

普段からお風呂で身体を温める等、股関節をなるべく冷やさないようにしておきましょう。

整骨院元 菊陽町光の森院の股関節の痛みの施術方法

股関節の痛みでお困りの方は整骨院元 菊陽町光の森院へご相談ください。

当整骨院では徹底したカウンセリングを行い、皆様の身体の状態を的確に把握し、股関節の痛みの原因を根本的に解消することを目指します。

皆様の心と身体の元気のため、全力でサポートいたします。

お困りの方はぜひ当整骨院へお任せください!スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE