顎関節症について

こんな症状の悩みはありませんか?

  • 顎を動かした時の音が気になる
  • 口を大きく開けることができない
  • 噛み合わせに違和感がする
  • 顎がよく外れる
  • 無意識に歯ぎしりをしている

顎の関節に痛みを感じたら、顎関節症の疑いがあります。

顎関節症は、顎が痛む口が開かない顎を動かすと音が鳴るといった症状が現れます。

原因は顎周辺の筋肉や関節などにありますが、その他にも原因があることがありますので、きちんと原因を特定しないと改善することは難しいです。

顎関節症でお悩みの方は、早めに当整骨院にご相談ください。

顎関節症とは

顎関節症は、顎周辺の筋肉軟骨靭帯神経を始め、全身の骨格が原因で、顎の関節周辺に痛みが生じ、関節音が鳴ったり口が開かなかったりする症状のことをいいます。

20代から30代といった若い女性に多くみられ、その中でも関節音が気になる方が多いです。

初期状態は音が鳴るくらいで特に問題ないのですが、症状が進むと日常生活に支障が出るほどの症状が現れます。

また、その他にも全身に影響を及ぼす症状がでますので、早期治療をおすすめします。

顎関節症の症状

顎関節症の代表的な症状として、顎の関節に違和感を感じる、食べ物を噛んだ時に痛みや違和感を感じると言った痛みや異常を感じるものの他に、口を大きく開けることができない、口を開閉する際に音が出るといった症状が現れます。

症状が悪くなったり良くなったりを繰り返しますが、生活習慣を改善すると症状が軽くなります。

また、症状が悪化すると顎周辺だけではなく、全身に様々な症状が現れます。

肩こりや腰痛と言った身体の痛みから、頭痛めまい耳鳴りと言った症状まで千差万別です。

顎関節症の状態によっては、口が一定の場所から開かなくなったりもしますので、顎に違和感を感じる方は、当整骨院までご相談ください。

顎関節症の原因

正常な下顎は左右対称になっており、左右対称の筋肉で牽引されており、顎関節を支点にして動いています。

顎関節症になると、筋肉のバランスが崩れ左右どちらかの顎関節がずれて痛みが生じてしまいます。

バランスが崩れる原因としては以下の通りです。

歯の接触癖

TCHとも言われ、食いしばりや噛み締めとは少し違います。

リラックス時の歯は、接触していないのですが微弱な力でも歯同士が接触していると筋肉を使っている状態です。

この状態が長時間続くと、筋肉が過敏になり痛みを生じます。

また、口内に痣が出来たり、舌の変形歯のすり減りや破損といったことも起きます。

ストレスやデスクワークでの姿勢不良が原因とされているので、心当たりのある方は早急な改善を行いましょう。

偏った噛み癖

左右どちらかの顎だけを使うのも顎関節症の原因になります。

歯の噛み合わせが悪い虫歯などで噛む時に痛みが出る、歯並びが悪いといった理由で無意識に噛み方に偏りが生じます。

偏った噛み癖は、顎周辺の筋肉のバランスを崩してしまいます。

バランスが崩れると顎関節症になりやすい他、顔が歪み姿勢まで歪んできます。

意識することで矯正はできますが、長く続ければ続けるほど改善にも時間がかかります。

歯ぎしりや食いしばり

歯ぎしりや食いしばりは、歯がすり減る原因にもなり、噛む位置が深くなったり顎に多大な負担を掛け続けます。

過度な歯ぎしりや食いしばりは、顔のエラが張った頭痛や肩こりの原因にもなります。

ストレスが原因で起こることが多く、そのストレスを取り除かないことには改善できませんので、まずは何が原因で過剰なストレスを受けているのかを検査しなければなりません。

その他

その他の原因としては、姿勢やストレスが原因で顎関節症になる可能性があります。

疲労感が抜けなかったり、睡眠の質が浅いとストレスを感じ睡眠中に歯ぎしりや食いしばりが起こってしまいます。

姿勢不良である猫背や巻き肩、身体の歪みは顎にも悪影響を及ぼしますし、固いものを食べすぎたり、瞬発的な力を入れる必要がある運動も顎関節症になりやすいといえます。

顎関節症の対処法

顎関節症を改善するためには、まず日常生活を見直さなければなりません。

顎に負担の掛かる動作として、頬杖を付くうつ伏せで寝る等があります。

また、物を噛む時には意識して両側を使うようにしましょう。

すでに歯ぎしりや食いしばりを行っている人は、自分専用のマウスピースを使い顎関節症の予防を行ってください。

その他TCHの予防として、舌の先端を上顎の前歯の付け根に当てると、口周辺の筋肉が自然と脱力します。

また、側頭筋や咬筋のストレッチを行うことも効果的です。

食いしばりなどにも効果があるので、口周りに力が入っていると感じた時には試してみてください。

整骨院元 菊陽町光の森院では、顎関節矯正を行い関節の位置を正しい位置へと調整いたします。

また、身体全体のトータルケアとして、背骨・骨盤矯正を行い正しい姿勢へ改善していき、顎関節症の予防に務めます。

顎のストレッチ

顎のストレッチを行うことで、顎周辺の筋肉をリラックスさせることができますのでお試しください。

  • 口の中と肩の力を抜き、リラックスした状態で、軽く噛み合わせします。
  • 下の顎をゆっくりと静かに、力まず前方に突き出していきます。
  • 無理をせず、痛気持ちいいところで10秒ほど止めてゆっくりと戻します。
  • 続いて3のように下の顎を左にずらし10秒ほど止めてゆっくりと戻します。
  • 反対側にもずらして1セットになります。これを2~3セット繰り返します。
  • 最後に無理のない程度に口を大きく開けます。

顎全体を動かすことで、筋肉の緊張をほぐしリラックスさせることでTCHや歯ぎしり食いしばりの予防を行うことができます。

整骨院元 菊陽町光の森院の顎関節症の施術方法

顎関節症でお困りの方は整骨院元 菊陽町光の森院へご相談ください。

当院では徹底したカウンセリングを行い、皆様の身体の状態を的確に把握し、顎関節症の原因を根本的に解消することを目指します。

皆様の心と体の元気のため、全力でサポートいたします。

お困りの方はぜひ当整骨院へお任せください!スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE