ストレートネックについて

こんな症状の悩みはありませんか?

  • 慢性的な首こり肩こりや頭痛がする
  • ストレートネックで手がしびれる
  • 自分の姿勢を横から鏡で見ると頭が前に出ている
  • 寝違いが頻繁に起こるようになった
  • 常に首に違和感を感じ動かしにくい

上記の症状が一つでも当てはまると、ストレートネックの疑いがあります。

放置していると、症状が悪化し日常生活に支障をきたしますので、そうなる前に整骨院元 菊陽町光の森院にご相談ください。

症状が酷くなる前に、早めのストレートネック対策が大切です。

ストレートネックとは

ストレートネックは、本来緩やかなS字カーブを描いている頸椎が、前傾姿勢を取り続けることによりまっすぐになった状態のことを言います。

頸椎は通常、30度から40度ほどのゆるやかなカーブを描いており、そのカーブが頭に伝わる衝撃を緩和し、成人で約7kgある頭を支えています。

そのゆるやかなカーブの角度が30度を下回ると、頭を支える事が困難となり首や肩の筋肉にまで負担が掛かるようになります。

ストレートネックを放置しておくと、身体の不調にも繋がりますので早めの改善が必要です。

ストレートネックの原因

ストレートネックの原因はいくつか考えられます。

まず、スマートフォンが普及したことにより、動画サイトやインターネットに触れることが誰にでも簡単にできるようになり、格段に、前傾姿勢やうつむき姿でいることが増えました。

頭を身体に対して垂直方向にしている状態だと、さほど首への負担は掛からないのですが、うつむき前傾姿勢になると約5倍ほどの負担が首に掛かると言われています。

このことが、ストレートネックになる確率が増えた原因と考えられています。

この他にも、猫背や巻き肩反り腰と言った姿勢不良も原因の一つに数えられます。

猫背や巻き肩といった姿勢不良は前傾姿勢となりやすく、首周辺の筋肉や骨に負担が常に掛かっている状態なのでストレートネックになりやすい傾向にあります。

また、妊娠出産を経験した女性は反り腰になりやすいのですが、反り腰は首にも負担が掛かるのでストレートネックになりやすいと言われています。

ストレートネックの症状

ストレートネックになると下記のような症状が現れます。

  • 頭痛やめまい、吐き気
  • 首こり
  • 首が動かしにくい
  • 手のしびれ
  • 眼精疲労
  • 睡眠の質が悪い

頭を首の骨で支えきれなくなると、常に首や肩の筋肉が緊張状態となり血行不良を起こします。

血行不良は、首こりや肩こりを引き起こし、放置すると頭痛・めまいや吐き気といった精神的不調として現れます。

さらに、人間の身体は繋がっていますので、首や肩の負担を腰や足で庇うようになり、その結果首とは関係のない部位まで不調をきたしてしまいます。

ストレートネックを放置していると、全身に支障をきたしますので早めの改善をおすすめします。

整骨院元菊陽町光の森院のストレートネックの施術

ストレートネックは、スマートフォンが普及してから今や現代病の一つと言ってもいいくらい身近になっています。

前傾姿勢といった姿勢不良を放置していると、首こりや肩こり腰痛といった肉体的不調から、頭痛やめまい吐き気といった精神的不調まで多岐に渡り身体に支障をきたすようになります。

大事なのは、きちんとストレートネックの進行状況を見極め、状況に合わせた適切な施術と姿勢改善にあります。

整骨院元菊陽町光の森院では、ストレートネックの根本的な原因を問診や触診を行い特定します。

またストレートネックでお悩みの患者様をたくさん改善してきた経験があり、その経験を元にその人にあったストレートネックの改善方法をご提案できます。

ストレートネックは頸椎がズレてしまっているので、首まわりの筋肉の緊張を手技や鍼治療を行い解きほぐした後、骨格調整で正しい位置に戻していくことで改善できます。

必要であれば、ハイボルト療法やテーピングを使用して痛みの軽減を行います。

2~3週間ほどで効果を感じることができるので、その間に自分で出来るケアの方法や姿勢の改善を行い、再発の予防に努めます。

患者様の希望に添いながら、ストレートネックが再発せず笑顔で毎日を過ごせるよう全力でサポート致します。

ストレートネックのセルフケア

上半身のストレッチを行うことで、首こりや肩こり、痛みの軽減や姿勢不良の予防ができストレートネックが緩和されます。

ストレッチは15秒ほどゆっくりとした動作で、呼吸を止めないように時間を掛けて行います。

大胸筋+上腕二頭筋のストレッチ

デスクワークなどを行っていると、猫背になりやすいです。

筋肉が緊張しやすい大胸筋や上腕二頭筋をしっかりと伸ばすことで痛みの軽減を行うことができます。

  • 両足を肩幅ほど広げ、両手を背中に回して組みます。
  • 胸を張りながら、肘を伸ばします。
  • 肩をできるだけ動かさず、組んだ両手を上げていきます。
  • この状態で、15秒ほどキープします。
  • これらの動作を5セット行います。

広背筋のストレッチ

猫背や巻き肩は、背中の筋肉が固くなることが原因の一つです。

広背筋のストレッチを行うことで、猫背や巻き肩を予防することができます。

  • 両腕をまっすぐ上げ、両手は頭の後ろで反対側の肘を抱えるように握ります。
  • 身体の側面が伸びるよう意識をしながら横に倒します。
  • この状態を15秒ほど続けます。
  • 反対側も同様に行います。
  • これらの動作を5セット行います。

斜角筋と僧帽筋のストレッチ

ストレートネックは、首を動かすことが難しくなり、可動域が減少します。

斜角筋と僧帽筋のストレッチを行うことで、首の可動域を広めストレートネックによる首の痛みを緩和できます。

  • 右手で左側頭部に手を当てます。
  • 腕の重みを利用してゆっくりと右側に倒します。
  • この状態を15秒キープします。
  • 反対側も同様に行います。
  • これらの動作を5セット行います。

ストレートネックでお悩みの皆様へメッセージ

最後まで長文をお読み頂き、ありがとうございます。

整骨院元菊陽町光の森院が、ストレートネックでお悩みの方と向き合う際に心掛けていることがあります。

問診や触診時に、どんな日常生活を送っているのか、どんな痛みを感じたのか、をしっかりと患者様に寄り添いながら話を聞き、施術計画を立てます。

ストレートネックは現代病の一つとなっており、現代人には切っても切れない症状です。

悪化すれば頭痛や肩こりといった症状を引き起こし、姿勢悪化も進行させてしまいますので、日常生活をきたす前に当整骨院にご相談ください。

ストレートネックでお悩みの方を一人でも改善する為、地域医療と連携しながら皆様の笑顔と健康を最大限サポートしていきたいと思います。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE