肩こりについて

こんな症状の悩みはありませんか?

  • 慢性的に肩がこり頭痛がする
  • 長時間のデスクワークが多く肩こりがひどい
  • 後ろに手を回すことが困難である
  • 肩から腕にかけて痺れを感じる
  • 首の可動域が狭く感じる

上記の症状が一つでも当てはまると、肩こりが慢性化しています。

放置していると、症状が悪化し日常生活に支障をきたしますので、そうなる前に整骨院元 菊陽町光の森院にご相談ください。

症状が酷くなる前に、早めの肩こり対策が大切です。

肩こりについて

日本人の約9割の方が肩こりを持つと言われている現代病の一つです。

肩こりと言っても状態は様々あり、対応も違ってきます。

急性期

肩の痛みが発生して2~3日ほど経った状態です。

基本的に炎症が起こっている事が多く、動かすと悪化するので運動は控える必要があります。

熱を持っている為、アイシングなどで冷やしながら、肩周辺の筋肉や関節を注意深く動かし、愛護的な施術を行っていきます。

日常生活を送る動作でも痛める場合があるので、早めに整骨院などでご相談ください。

亜急性期

肩の痛みが発生して2~4週間ほど経った状態です。

炎症は落ち着いてきているのですが、肩こりの一歩手前の状態で筋肉や関節が少しづつ硬くなってきています。

肩こりの施術を行うと、肩関節の可動域は大きく変わる場合があります。

炎症が残っている場合もあるので、施術の際は注意して行います。

慢性期

肩の痛みが発生して2~3ヶ月以上経った状態です。

完全に慢性化しており、この状態を肩こりと言います。

炎症は落ち着いているので、肩こりの施術を行い対応していきます。

神経を刺激している場合もあるので、頸椎矯正を行い、首の骨の歪みを取り除いていきます。

慢性期の肩こりは、拘縮肩石灰沈着性肩首こり四十肩五十肩の可能性もあるので、原因をしっかりと判断し施術を行います。

肩こりからくる頭痛

肩こりで肩周辺の筋肉が緊張を起こし続けると、血流が悪くなってしまいます。

過度な筋肉の緊張は頭蓋骨周辺の筋膜まで影響を及ぼし、酸素不足や血流不足に陥り緊張型頭痛を引き起こす場合があります。

頭痛を引き起こさない為にも、肩こりは早めの改善が重要です。

頭痛について

整骨院元菊陽町光の森院の肩こりの施術

肩こりを改善するためには、頸椎や肩関節の歪みを整え血流を良くする必要があるのですが、マッサージで終わらせるお店が多いのは事実です。

しかし、マッサージだけおこなっていても慢性化した肩こりは改善できません

大事なのは、肩こりの原因を特定し、その人に合った施術で肩こりを根本から解消するということです。

整骨院元菊陽町光の森院では、肩こりの根本的な原因を問診や触診を行い特定します。

また、肩こりでお悩みの患者様をたくさん改善してきた経験があり、その経験を元にその人にあった肩こり改善方法をご提案できます。

肩こりの原因は、首や肩周りの筋肉や骨の歪みの他に、肩甲骨周辺の筋肉の緊張にありますので、それらの筋肉の緊張を緩めるためにも日常生活から見直す必要があります。

当整骨院では、首や肩周り肩甲骨まわりの筋肉の緊張を解きほぐした上で、全身の骨格の歪みにアプローチする事で全身の血流を促進して肩こりを改善に導きます。

また自宅でできるストレッチや正しい姿勢を指導し、肩こりが再発せず笑顔で毎日を過ごせるよう全力でサポート致します。

肩こりのセフルケア

  • 足は肩幅ほど開いて、握りこぶしを作り鎖骨に持ってくるように、肘を軽く曲げます。
    この時、肘は身体と並行になるようにします。
  • この状態で、両肩をリュックサックを背負う様に、肘で外側に円を描くイメージで回します。
  • 10回ほど回したら、次は反対に10回ほど回します。
  • この動作を3セット行いましょう。

肩こりでお悩みの皆様へメッセージ

最後まで長文をお読み頂き、ありがとうございます。

整骨院元菊陽町光の森院が、肩こりでお悩みの方と向き合う際に心掛けていることがあります。

問診や触診時に、どんな日常生活を送っているのか、どんな痛みを感じたのか、をしっかりと患者様に寄り添いながら話を聞き、施術計画を立てます。

一人ひとり症状が違うため、反応を伺いながら施術を行うようにしています。

肩こりは現代病の一つとなっており、現代人には切っても切れない症状です。

悪化すれば頭痛も引き起こしますので、日常生活をきたす前に当整骨院にご相談ください。

肩こりでお悩みの方を一人でも改善する為、地域医療と連携しながら皆様の笑顔と健康を最大限サポートしていきたいと思います。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE