オスグッドについて

こんな症状の悩みはありませんか?

  • 膝に違和感を感じる
  • 運動を開始すると膝が痛む
  • 早く膝の痛みを改善したい
  • 部活を本格的に始めてから膝が痛む
  • 競技に早く復帰したい

部活動といった運動やスポーツを頻繁に行っているお子様に多い膝の疾患がオスグッドと言われており、成長痛とは違う症状になります。

膝の痛みから始まるので、成長痛と思われるかもしれませんが、悪化すると日常生活に支障をきたし歩行が困難になってしまう場合があるため注意が必要です。

成長痛かオスグッドか判断できない場合は、一度当整骨院までご相談ください。

オスグッドとは

成長痛とオスグッドを同じと捉えている方が多いのですが、成長痛は骨が筋肉を引っ張ることで痛みが出るのに対し、オスグットは筋肉が骨を引っ張ることで痛みが出ます

ちょっとした違いですが、性質は全く違うので注意が必要です。

オスグッドは、10歳から15歳までの小中学生に多いスポーツ障害です。

跳んだり蹴ったりをする、脚を使った動作を頻繁に行うスポーツで発症するのが特徴です。

筋肉の発達速度の関係で起こるので、力が強くなる男子に多く症状が現れます。

オスグッドの症状

膝関節には、脛骨結節(けいこつけっせつ)と言われる骨が出っ張っている部位があります。

オスグッドの症状として、この部位に痛みが出るのが特徴です。

指でこの部位を軽く押すと激痛を感じたり、腫れや熱を持ちます

症状の出始めは、運動中や運動直後に痛みが現れますが、症状が進行するにつれ日常生活でも痛みが出るようになり、悪化すると膝を動かすことが困難となります。

オスグッドの特徴として、以下の項目が挙げられますのでお子様が訴えた時は注意が必要です。

  • 膝の下が痛む
  • 走ったり激しい運動を行うと膝が痛くなる
  • 膝を動かすことが辛い
  • 膝が痛くて階段の昇り降りができない
  • 膝の下の骨が出っ張ってきた

オスグッドを成長痛と勘違いして放置していると、症状が悪化し歩行が困難になるなどの後遺症が出る場合があります。

症状が軽度な内にきちんとケアを行うことが重要です。お子様が膝が痛いと訴えたらまずは当整骨院までご相談ください。

オスグッドの原因

オスグッドは、運動による膝の使いすぎで発症してしまいます。

太ももの筋肉である大腿四頭筋(だいたいしとうきん)は人間の筋肉の中でも1番大きい部位になります。

成長期により骨と筋肉が肥大していくのですが、大腿四頭筋の発達は顕著で周囲の成長が追いつかない状態になります。

その状態で、スポーツなどにより膝に過度な負荷が掛かると、骨と筋肉の付着部分である脛骨粗面(けいこつそめん)という部位が剥がれてしまうことがあります。

それにより、炎症が出ることによって痛みや腫れが起こります。

大腿四頭筋は、膝の屈伸や股関節の動きをサポートしているのですが、成長期の脛骨粗面は大人に比べて弱いので膝周辺に強い負荷の掛かるスポーツを行うと傷ついたり変形を起こしやすいです。

人間の重要部位である膝は、他の箇所に比べてトラブルが多く、オスグッドでない場合もあります。

成長痛とオスグッドの見分け方は、運動後、割りと早く痛みが引くのが成長痛長く続くとオスグッドと言われていますが、判断は素人には難しいので、お子様が痛みを訴えたら出来るだけ早く専門家に相談するようにしましょう。

スポーツ外傷について

オスグッドの対応

成長期の子供を守るためにも、私達大人は子供達の訴える痛みや症状に耳を傾ける必要があります。

また、運動後は毎回きちんと身体のケアを行うことも大切です。

オスグッドを始め、様々なスポーツ障害は一時的に痛みが解消できたとしても、根本から改善しなければ再発します。

ご家庭でできるセルフケアをご紹介しますので、できる限り取り入れてみてください。

アイシング

スポーツ直後のアイシングは、怪我を予防するために効果があります。よく使った関節や筋肉を20分程度冷やすとよいでしょう。

長時間行うと悪化する恐れがあるので、20分以内を心がけてください。

休息

筋肉痛や軽度の捻挫等であれば痛みは数日で回復するのですが、それ以上痛みが続く場合は、専門家に相談して休息を取った方がよいでしょう。

また、軽度な怪我でも無理をすれば悪化する恐れがありますので、きちんと対処を行うことで早く回復することができます。

お子様が怪我や身体に違和感を感じているようであれば、しっかりと指導者と連携して休ませるようにしましょう。

ストレッチ

オスグッドに効果的な大腿四頭筋のストレッチをご紹介します。

  • 直立した状態から左足を大きく前に出します。
  • 右のかかとを地面から離し両膝をゆっくり曲げながら腰を落とします。
  • 右足の付け根から太ももの前面が伸びていることを感じた所で20秒キープします。
  • ゆっくりと直立した状態へ戻ります。
  • 反対の脚も同様に行います。
  • 左右で1セットとカウントし、3セット行いましょう。

大腿四頭筋やふくらはぎの筋肉をストレッチして、柔軟性を持たせることでオスグッドの予防ができます。

オスグッドは成長期に起こりやすいです。

なので成長痛と思われがちですが、成長痛とは似て非なるものです。

根本的な原因を改善しないと、オスグッドを何度も繰り返すことになりスポーツや運動、日常生活にまで支障がでることも少なくありません。

どんな些細な痛みや違和感でも放置せず、専門家に相談するようにしてください。

整骨院元 菊陽町光の森院のオスグッドの施術方法

オスグッドでお困りの方は整骨院元 菊陽町光の森院へご相談ください。

当院では徹底したカウンセリングを行い、皆様の身体の状態を的確に把握し、オスグッドの原因を根本的に解消することを目指します。

皆様の心と身体の元気のため、全力でサポートいたします。

お困りの方はぜひ当整骨院へお任せください!スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE