O脚・X脚について

こんな症状の悩みはありませんか?

  • 真っ直ぐ立つと両膝の間に隙間ができる
  • お尻周りのラインが崩れて見える
  • 股関節の痛みが改善できない
  • 歩いていると膝が痛くなる
  • 脚のむくみが治らない

まっすぐに伸びた脚は綺麗で、男性も女性も関係なく魅力があります。

まっすぐな他人の脚を見て、自分の脚を見ると歪んで見えることはありませんか?

その歪みは、もしかするとO脚・X脚かもしれません。

O脚・X脚が気になる方は、当整骨院にご相談ください。

O脚・X脚とは

正式名称は、O脚が内反膝(ないはんしつ)と言われ、X脚は外反膝(がいはんしつ)と言います。

O脚は左右のくるぶしを付けて直立した時に、両膝に2本以上の指が通る隙間が出来ていることを指します。

またX脚は、両膝を付けて直立しようとした時に、くるぶしが左右に開いてしまうことを指します。

O脚やX脚は、初期状態では改善の見込みはあるのですが、進行状況によっては改善がとても難しく歩行が困難となる事態になる可能性もあります。

O脚・X脚の症状

膝の関節が、内側や外側に無理やり負荷が掛かっている状態ですので、股関節や足首にまで影響を及ぼします。

筋肉の緊張から、酷い時には神経を刺激し、下半身の疲労感や筋肉のコリ痛みやしびれが現れます。

進行がさらに進むと、膝の皿に水がたまってしまったり、むくみも出てきます。

また、見た目も変わってしまうので、マイナスなことだらけです。

O脚・X脚の原因

O脚やX脚になる原因はいくつもありますので、断定することは困難です。

しかし、O脚やX脚になりやすい原因はある程度特定されていますので、いくつか紹介したいと思います。

まずは、内股座りです。

家では素足になる家庭が大半だと思いますが、素足だと地べたに座る機会も多いです。

その時に内股気味に座ったり脚を崩して座ると、内股に矯正されてO脚やX脚になりやすくなります。

2つ目が、成長期に無理な運動やトレーニングによるアンバランスな筋力の発達です。

太ももの前部と後部の筋力バランスが崩れると、筋力の強い方へと弱い筋肉が引っ張られ、自然と内股気味になりO脚やX脚になりやすくなります。

また、こういった筋肉は固くなりやすく腰痛も引き起こしてしまいます

そのまま放置していると、骨格などにも影響を及ぼし
骨盤の歪みや姿勢不良も現れてしまいます。

O脚やX脚を放っておくと

O脚やX脚を放置していると、数十年後に悪影響が出てきます。

膝関節に常に負荷が掛かっている状態なので、関節の軟骨がすり減り、関節炎や関節の変形が現れ痛みを感じたり、膝の曲げ伸ばしができなくなる可能性があります。

高齢の方で起こやすい変形性膝関節症を引き起こし、膝関節の機能が働かず歩行が困難になります。

また、O脚やX脚は外反母趾になりやすいことが分かっています。

身体の体重を分散させる土踏まずを潰してしまうので、足の親指の付け根の関節が変形を起こす可能性があります。

その他にも、むくみやすくなったり股関節痛といった症状も出ますので、意識して改善していかなければなりません。

O脚・X脚の対処法

O脚・X脚は見た目が悪いだけではなく、身体にも負担がかかっている状態です。

改善するためには、正しい姿勢を身につけなければなりません。

正しい姿勢と言われると、どんな姿勢を思い浮かべるでしょうか。

皆さんは、ピンっと真っ直ぐ立った状態の事を思い浮かべると思いますが、きちんとした身体の状態がありますのでご紹介したいと思います。

立ち方は、両足が平行になるようにします。ハの字や逆ハの字を描いているといけません

この状態で歩いてみましょう。

歩幅はどうでしょうか?小さくなっていませんか。

歩幅が小さいと、脚の外側に負荷がかかってしまいますので、普段より少し歩幅を広めに取るとよいです。

次に座ってみましょう。

椅子の手前に座り背もたれに思い切り体重を掛けていませんか。前のめりになって座っていませんか。

座る時は、坐骨に上半身を乗せるイメージで座ることが大切です。

前かがみの状態でお尻から椅子に座り、ゆっくり姿勢を伸ばすと自然と上半身が坐骨に乗ります。

この時の姿勢が、上半身に余計な力が入っていない理想的な座り方になります。

人によってこれらの姿勢はきついと感じると思います。

それは、筋力の低下や今までの癖を矯正しているのが原因ですので、慣れるまで続けて身体に覚えさせなければなりません。

O脚・X脚矯正について

O脚・X脚の改善ストレッチ

膝関節に影響する、股関節や周辺の筋肉の緊張を解きほぐすことで膝に掛かる負担の軽減を行い、O脚やX脚の改善がみこめます。

ストレッチはとても簡単なので試してみてください。

股関節外旋ストレッチ

股関節を外側に向けストレッチを行うことで、内側に向いた癖を改善させるストレッチです。

  • リラックスした状態で床の上に座る
  • 両足の裏をくっつけて両膝を開く
  • 両手でつま先や足首などを掴み、膝をできるだけ倒しながら身体を前に倒す
  • 30秒キープを3セット行う

大腿筋膜張筋のストレッチ

太ももの外側にある大腿筋膜張筋は、筋力低下を起こしたり緊張を起こすと膝の外側に負担がかかり、自然と膝を内側へ運びます。

普段からリラックスさせておくことが大切です。

  • 床の上(ヨガマット上)に仰向けで寝る
  • 両膝を抱くように胸に近づける
  • 両膝を右肩の方へ引き寄せる
  • 30秒キープして反対方向へ引き寄せる

ストレッチを行っている時は、しっかりと呼吸をするようにしましょう。

また、痛みが出ない程度にしましょう。

整骨院元 菊陽町光の森院のO脚・X脚の施術方法

O脚・X脚でお困りの方は整骨院元 菊陽町光の森院へご相談ください。

当整骨院では徹底したカウンセリングを行い、皆様の身体の状態を的確に把握し、O脚・X脚の原因を根本的に解消することを目指します。

皆様の心と身体の元気のため、全力でサポートいたします。

お困りの方はぜひ当整骨院へお任せください!スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE