妊娠中から産後にかけての骨盤のケアについて

2019年04月23日|産後骨盤矯正について

妊娠中から産後の骨盤のケアについて

お元気様です!菊陽整骨院 元光の森院の治久丸です。
女性は、妊娠してから赤ちゃんがお腹の中で少しずつ成長するにつれ骨盤にも多大な負荷が掛かってきます。

安定期から出産後の数ヶ月間で自身の身体をケアするのとしないとでは、産後の悩み方が変わってきます。
今回は妊娠中から産後にかけての骨盤のケアについてお話したいと思います。

妊娠してからの骨盤の変化

妊娠中期からどんどん胎児は大きくなり、それに伴いお母さんの体重も約8kgほど増加します。

妊娠前以上に体重が増えることで身体への負担が大きく掛かります。

また、赤ちゃんが大きくなると内臓や筋肉も圧迫するので、日頃から血流を良くして負担が一番かかる腰を中心にケアをする必要があります。

その負担を軽減するのが、骨盤ベルトだったり骨盤高位などの体操です。

骨盤をケアすることの重要性

骨盤をケアするということは、泌尿系の悩みやむくみ、骨盤が広がることによる股関節の痛みを軽減する働きがあります。

骨盤をケアするためには

日頃から負担が掛からない動きをしていると、産後の回復も早まりますし妊娠中で悩む婦人科系のトラブルも改善されます。

道具も色々あるのですが妊娠中からつけられる骨盤ベルトで骨盤の緩みを補助するとよいでしょう。

また、お腹が大きくなることで骨盤周辺の靭帯が伸びるのですがそのせいで痛みを伴う場合もあります。

その痛みも改善してくれたりもしますので妊娠中から

放置しておくよりも骨盤ベルトをしていた方が産後に体型を戻す事が楽という話も聞きます。

正しく道具を使うことによって母子共に健康な身体を作っていけます。

産後骨盤矯正に関する記事