膝の痛みで悩んでいた40代男性のお話

2018年12月10日|お客様の声

皆さんこんにちわ!院長の治久丸です。

・長時間座った後に、立ち上がった瞬間膝に痛みを覚えた
・膝を伸ばしているつもりなのに、周りから膝が曲がっていると言われた
・痛くて正座ができない
・膝を動かすと違和感を感じる

といった事はありませんか?


今回は、当整骨院に膝の痛みで来られた方の症例をお話します。

40代男性の方で、なんの前触れもなく突然膝の痛みが出てきたとのこと。

歩いたり、膝を屈伸した時に膝の前側に違和感があり、座っていても痛みを感じてので当整骨院に来店しました。

触ってみると、膝の外側の部分が固く張っており、ふくらはぎの筋肉も緊張状態になっていました。

話を聞いて歩いてもらうと、歩く時に外側に向けて力を入れているのが分かりました。

体重を外側で支えていたのが、長年のクセになっているので一部分に負荷が掛かり、その結果が膝に来たのが今回の原因でした。

太ももからふくらはぎに掛けて筋肉の緊張を解していき、 足首の矯正も行って正しい位置へと戻します。

こうすることによって、体重がきちんと分散されるのですが、長年のクセとして身体に染み付いているので一筋縄ではいきません。

回数を重ねて行く内に、膝の痛みが軽減されてきたとの事なので現在は歩行時の体重の掛かり方に気をつけて貰っています。

膝の痛みは、軟骨がすり減ったと思いがちですが膝周りの筋肉の負担でも痛みを伴いますので、何が原因するのかを把握することが大切です。

膝が痛いと思ったら、まずは歩いている姿勢などをチェックするとよいでしょう。

【お問い合わせ】

【HP】⇒菊陽整骨院元光の森院
TEL //?096-282-8866
Mail /お問合わせフォーム