無理なダイエットは却って生理痛に悪いって知ってましたか?

2019年01月8日

皆さんこんにちわ!院長の治久丸です。

女性の特有の悩みは様々ありますが、なかでも辛いのは生理痛・生理不順などと思います。

これらは女性ホルモンが乱れることで痛みが出るのですが、女性にとって女性ホルモンは切っても切れない関係にあります。

女性ホルモンが乱れないように、なるべく上手く付き合うには原因を知る必要があります。

女性ホルモンが乱れる原因は生活習慣にあります。

運動不足、偏食、睡眠不足、ストレスなどは、女性ホルモンの機能を低下させてしまうのでホルモンバランスが崩れます。

また、冷え性などによる血行不良も生理痛に悪影響を及ぼします。

つまり、生理痛・生理不順を和らげるためには適度な運動とバランスの良い食事、身体を冷やさない事が挙げられます。

昨今では、過度なダイエットを行う方もおられますが、度を超えたダイエットは身体の栄養不足が深刻になり却って生理が止まり回復に時間が掛かる恐れもあり大変危険です。

適度な運動を行い基礎代謝を上げつつバランスの良い食事を摂れば質の良い睡眠が取れます。

そうする事でストレスも軽減され、冷え性にも効果がありますので日頃の生活を見直すのもよいと思います。

当整骨院では、生理痛に効果的な骨盤矯正やマッサージを行えますし、ストレッチなどもアドバイスできますのでお悩みの方は一度ご相談ください。

【お問い合わせ】

【HP】⇒菊陽整骨院元光の森院
TEL //?096-282-8866
Mail /お問合わせフォーム

実はギックリ腰って癖になるって知ってました?

2018年12月27日

皆さんこんにちわ!院長の治久丸です。

非常に痛いギックリ腰。

これって日常生活を送っていて急に来るから怖いですよね。

でもギックリ腰って急にはこないってご存知でしたか?

実はギックリ腰のメカニズムは、腰の筋肉が少しずつ固くなっていき一定以上固くなると発生するのです。

特に猫背など姿勢が悪くなると腰の筋肉が常に緊張した状態になります。

その状態で背筋を伸ばすと腰の筋肉が引っ張られて辛くなり、少しでも辛さを軽減しようとして前かがみになります。

このことを長期間続けると腰の筋肉の負荷はどんどん増加していき、その負荷に筋肉が耐えられなくなった時、一気に痛みとして爆発するのです。

これがぎっくり腰の簡単なメカニズムです。

さらに痛みが引いても、筋肉の固さが取れたわけではありません。

負担が増えると再発の恐れがありますので、ギックリ腰を治したかったら腰の筋肉の緊張を解きほぐすしかありません。

不意なギックリ腰にお悩みの方は当整骨院までご相談ください!

【お問い合わせ】

【HP】⇒菊陽整骨院元光の森院
TEL //?096-282-8866
Mail /お問合わせフォーム

20代女性のお礼のメッセージ

2018年12月25日

皆さんこんにちわ!院長の治久丸です。

お客様から感謝のお言葉を貰いましたのでブログにてご紹介させていただきます。
プライバシー保護の為、内容を少し変更していますのでご了承ください。

整骨院 元に通うようになって約3ヶ月が経過しようとしています。

私は今年の中旬に交通事故で首を痛めてしまいました。

始めは病院で治療を行っていましたが思うように効果が出ず、痛みは収まらなかったので不安でいっぱいでした。

改善もできないまま諦めかけていましたが、友人の勧めで整骨院 元に通うことになり驚きました!

自分の何気ない疑問にも分かりやすく丁寧に答えてくださり、「どこがどのように悪い」「こういった施術で改善していく」など不安を解きほぐすように一つずつ説明しながら施術をしてくれました。

また、日常生活で出来る怪我のケア方法や身体の事の疑問など親身になってお話を聞いてくれるのでとても励みとなりました。

回数を重ねるごとに痛みも軽減してきて、今では安心して施術を受けています。

この整骨院を紹介して貰った友人と、施術をしていただいた先生に感謝します!ありがとうございました!!

【お問い合わせ】

【HP】⇒菊陽整骨院元光の森院
TEL //?096-282-8866
Mail /お問合わせフォーム

妊娠してからは姿勢が変わるってホント!?

2018年12月19日

皆さんこんにちわ!院長の治久丸です。

お母さんが妊娠すると、身体は赤ちゃんを体内で育てるために準備を始めます。

赤ちゃんに栄養を上げるため、体重が増加しますし、身体のバランスを取るため筋肉が引っ張られます。

また、赤ちゃんがお腹にいることで重心が変わるため、背中や腰の筋肉に多大な負荷がかかります。

この事が原因で妊娠してからお母さんの姿勢が変わるのです。

さらに出産時には、赤ちゃんを通すために骨盤を広げます。

このように長期間身体に負担をかけ続けていますので、全身の筋肉や関節、骨などから痛みが出て個人差はありますがお母さん達の悩みの種と言えるでしょう。

なので、出産後に全身の筋肉・骨の調子を整える事は、自身の体調を良くすることに繋がってきます。

慢性的な肩こり、腰痛、関節痛はもちろん頭痛は吐き気などにも産後骨盤矯正は効果が見込めますので、辛い時はお早めにご相談ください。

【お問い合わせ】

【HP】⇒菊陽整骨院元光の森院
TEL //?096-282-8866
Mail /お問合わせフォーム

30代妊婦さんの症例

2018年12月14日

皆さんこんにちわ!院長の治久丸です。

今回は紹介で来られた妊婦さんの症例をお話したいと思います。

30代女性で、妊娠8週目と安定期に入られていました。

つわりが消えず、夜もぐっすり眠ることができないでいるとのこと。

酷い時には、頭痛や胸焼け、胃もたれと体調がすこぶる悪くなり一日中寝ている状態で、産婦人科で相談するも「仕方がありません」と言われて途方にくれていました。

全身を確認すると、ストレートネック・背骨の歪みなどが確認でき、全身の筋肉も張っている状態。

妊娠しているので、母体に負担がかからないよう筋肉の緊張を緩め、首から腰に掛けて矯正を行った所、身体の倦怠感に改善が見られました。

姿勢の指導を行い、定期的に改善を試みた所、以前よりもつわりの頻度が減り頭痛や胸焼けも改善したと喜んでくれました。

妊娠中は、運動や姿勢が制限されますし、それが原因で体調不良にもつながります。

当整骨院では、産前産後骨盤矯正にも対応しております。つわりが酷いと思ったら一度ご相談ください。

【お問い合わせ】

【HP】⇒菊陽整骨院元光の森院
TEL //?096-282-8866
Mail /お問合わせフォーム


1 2 3 4 5 23