産後骨盤矯正

こんな悩みを改善したい!

  • 体型が産前に戻るかが心配
  • 骨盤の広がりが気になる
  • 尿もれが気になる
  • 骨盤のズレで腰痛や股関節痛が酷い
  • 産後に身体が疲れやすくなった

産後骨盤矯正とは

骨盤周辺の筋肉や靭帯は、妊娠から出産にかけてリラキシンというホルモンの影響を受けて緩みます。

緩んだ骨盤は、育児による身体の負担をはじめ、産前の筋力不足や姿勢不良といった理由で正常な位置に戻りにくいのが現状です。

歪んだ状態の骨盤を放置していると、様々な身体の不調を引き起こします。

骨盤の歪みを整えて身体の不調を改善することができるのが産後骨盤矯正です。

産後の不調について

産後骨盤矯正のメリット

リラキシンで緩んだ骨盤は、運動不足や赤ちゃんを支えるためのお母さんの腰の状態などで歪んでしまいます。

骨盤の歪みは、肩こりや腰痛といった身体的な痛みの他に、むくみや冷え性下半身太りO脚・X脚、女性特有のトラブルといった様々な不調を引き起こしますが、産後骨盤矯正を行うことでこれらの症状を改善に導けます。

産後骨盤矯正は、骨盤の歪みを可能な限り元に戻し出産前の健康的な身体の状態になることを手助けしています。 出産後に身体のトラブルでお悩みの方にこそ産後骨盤矯正はおすすめです。

産後骨盤矯正の頻度や回数

産後骨盤矯正は、出産後1ヶ月から半年までが理想と言われています。
また帝王切開を行った方は、傷口の様子をみて2ヶ月目から始めることを目安にしてください。

体調に問題がないかを確認し、産後骨盤矯正に取り組むことが重要です。

骨盤はいくつもの骨が靭帯で強固に固定されていており、仙骨と腸骨から構成されている仙腸関節があります。

この関節は、普段は数ミリ程度しか動かないのですが、出産時に大きく広がるので身体にはかなりの負担がかかっており、出産後直後に産後骨盤矯正を行うと悪影響を与えることになります。

1ヶ月ほど休息を取ることで体調も回復し、骨盤周辺の靭帯もホルモンの影響で柔らかくなっている状態を維持しています。

このベストなタイミングで、産後骨盤矯正を行えば比較的簡単に産前の状態へと戻すことが可能です。

よって、産後1ヶ月から半年までの期間で出来るだけ早く行うことが産後骨盤矯正の理想の時期となります。

産後の鬱のセルフチェック

産後の鬱や不調は、出産後、約10~15%の女性に以下のような症状が現れると言われています。

  • 何もする気が起きない
  • 自分でも分からないほど悲しくなり泣いてしまう
  • コントロールできないほどの怒りが湧いてしまう

といった、感情の大きな変動が起こります。

また、食欲が湧かない、育児が辛いといった気持ちになり、それが長期間続き日常生活に支障をきたしてしまいます。

産後骨盤矯正を行うことで自律神経を整え骨格・内蔵が正常に働く環境を作ることができるので産後の鬱も改善しやすくなります。

気持ちが沈んでいると感じている方は、まずは当整骨院にご相談ください。

産後骨盤矯正がおすすめな人

出産後は筋力が低下しているので、どうしてもトラブルが増えます。
下記の症状が現れている人は、産後骨盤矯正をおすすめいたします。

  • 出産後体重が落ちない方
  • むくみや冷え性などの脚のトラブルに悩んでいる方
  • 腰が反っていると感じる方
  • 下っ腹が出ている方
  • 妊娠前の服が着れなくなってしまった方
  • 出産前より腰痛が酷くなった方
  • 尿もれが気になる方

産後骨盤矯正をサポートする簡単ストレッチ

産後骨盤矯正の効果を高めることができるおすすめなストレッチを紹介します。
身体に多少の負担がかかりますので、産後から1ヶ月間以上の休息を挟んで行ってください。

お尻周辺の筋肉の緊張を緩めるストレッチ

  • 椅子に座り、左足を右の太ももの上へ乗せます。※左膝は外側へ倒す。
  • 上記の状態を維持しながら、背筋を伸ばし上半身を前へ倒します。
  • そのままの姿勢を30秒キープします。
  • 息を吐きながら上半身を起こします。
  • 足を入れ替えて、同じ動作を行います。

妊娠中からお尻周りの筋肉は凝り固まっていますので、じっくりと時間を掛けてストレッチを行いましょう。

太ももの前面(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチ

  • 左に身体を向けるようにして椅子に座ります。
  • 右足の甲を椅子に乗せます。
  • この状態から、ゆっくりと右膝を下げて太ももを伸ばしていきます。
  • 深呼吸しながら15秒キープします。
  • 息を吐きながら状態を戻します。
  • 足を入れ替えて、同じ動作を行います。

大腿四頭筋は、膝の屈伸運動を司っているので日頃から酷使されており筋肉が固くなりやすいです。

腰痛の原因にもなるので、しっかりとストレッチを行い筋肉の柔軟性を保つようにしましょう。

太ももの後面(ハムストリングス)のストレッチ

  • 椅子に腰掛け、背筋を伸ばします。
  • かかとを床に付けたまま、左膝を伸ばします。この時つま先は天井に向けてください。
  • 大きく息を吐きながら、上半身をゆっくりと前に倒します。
  • その姿勢を10秒間キープします。
  • 足を入れ替えて、同じ動作を行います。

ハムストリングスが固くなると、骨盤に影響を与え骨盤の歪みに繋がります。

しっかりとストレッチを行い筋肉の柔軟性を保つと、骨盤が正しい位置に戻りやすくなり産後の体調や体型の改善に効果が期待できます。

骨盤のバランスを整え、引き締めるストレッチ

  • 仰向けになり、足を揃えます。
  • 両膝とかかとを合わせて、両腕で膝を抱きかかえます。
  • 膝から下が床と平行になるようにして、息を大きく吸い全身の力を抜きます。
  • 息を吐きながら両膝を胸の方に引き寄せ10秒キープします。
  • この動作を5セット行います。

膝を胸に引き寄せる事で、骨盤周辺の筋肉を和らげる効果があります。

また骨盤のバランスを整え、下半身を引き締める効果もありますので就寝前に行うとよいです。

これらのストレッチを行うことで、産後骨盤矯正で整えた骨盤の効果が長続きするので、ぜひお試しください。

整骨院元 菊陽町光の森院の産後骨盤矯正

産後骨盤矯正をされたいなら整骨院元 菊陽町光の森院にお任せください。

当整骨院は可能な限り早く体の「不調」を解消し、健康な状態を維持することを目標に様々なアプローチを駆使して施術を行っています。

産後骨盤矯正をすることにより、身体の不調が改善でき健康的な身体を取り戻すことができます。

気になる症状がある場合は一度お気軽に整骨院元 菊陽町光の森院にご相談ください!お待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ お問い合わせ LINE LINE