交通事故での後遺症について

2018年03月9日

皆さんこんにちは!!
菊陽整骨院元光の森院の治久丸です。

今回は、交通事故に遭った時の「後遺症」について書いて行きます。

交通事故に遭った時は、事故の内容にもよりますが、その時に重症を負いはっきりと後遺症が残るものと、その時はなんともなく後になってから交通事故の影響で後遺症がでてくるものがあります。

事故の時の症状がはっきりしている場合は、補償などの面でスムーズに話がつくこともありますが、事後に後遺症が出てきた場合に既に和解をしてしまっている場合は、補償などの話ができなくなってしまうだけに、和解をする時は注意が必要です。

加害者も被害者も長いこと交通事故のことを引っ張って入られないので、どこかのタイミングで話を付ける必要があるでしょう。しかし交通事故に遭ってからそんなに時間も経たない内に和解するのは禁物です。交通事故は焦らずその状況を良くみるようにしましょう。一人で判断せずとりあえずは周りに相談してみるのも良いかもしれません。

最低限、和解をする時は病院などで精密検査を受けたうえで、体に異常がないことを確認してから話を進めましょう。事後に後遺症によって苦しむ例も良くありますので、安易に和解の流れは気を付けて下さい。

交通事故の怪我などは、その時は大したことなくても元々強すぎる衝撃を受けることが多いですから、当人の気づかないところで体内と体外にダメージを受けているという事があるだけに面倒くさいからと言って、自己判断で大丈夫と思いこまず病院で精密検査を受けて体に問題ないことを確認してから和解の話を進めましょう。

交通事故は後々困る事例も少なくありません、そうならないよう慎重な形をとるようにして下さい。

~菊陽整骨院元の交通事故治療(漫画)~

 【交通事故治・むちうち治療動画】

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 菊陽整骨院元 光の森院交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

交通事故治療を受ける際の整骨院と整形外科の併用について

2018年02月22日

皆さんこんにちは!!
菊陽整骨院元光の森院の治久丸です。

 今回は、熊本で交通事故治療の行う際の整骨院と整形外科の併用について書いてみます。
基本的に整骨院と整形外科の両方を利用することに問題はありませんが、注意点はあります。
大事なのは、被害者が元通りの体に戻ることが目的となるため、その方法が最良となる場合は間違いなく選択するべきです。 

しかし治療費が自己負担になる場合もあるのである程度の出費がある点を押さえておいたほうが良いでしょう。

 交通事故に遭い、骨折や出血を伴う怪我を負った場合は、病院や整形外科に通いますが、出血を伴う怪我はなく、レントゲンの検査などから骨折の疑いもない場合や骨折などの外傷がある程度治り、その後の打撲や肉離れなどの症状がある場合は、整骨院での治療が可能です。

 整骨院で健康保険を使って治療できる内容は、打撲、捻挫、肉離れ、むちうち症などになりますが、治療する箇所を医療機関と整骨院で同時に治療することはできないとされており、同時に両方行うと、健康保険が認められない場合もあるので、予め踏まえておいて下さい。

ただ、同じけがの部位を医療機関と整骨院で同時に治療を受けることはできないとされています。同時に両方に通うと健康保険が認められない可能性もあるので、それは踏まえておく必要があります。

 病院の担当医が整骨院での治療を認めるケースもありますが、基本的には健康保険組合での判断となります。ただ整形外科医の中には、整骨院での治療を嫌がる例もあります。

 病院や整形外科にむちうち症などの治療目的で通うと、痛み止めなどの内服薬や湿布だけを出される場合もあり、整骨院での治療の方が良いと判断された場合に、担当医が認めない時は、整骨院に転院する方法もあります。治療目的としては併用するのが一番最良の方法と言えるますが、通えずじまいになるのは避けたいですね。

~菊陽整骨院元の交通事故治療(漫画)~

 【交通事故治・むちうち治療動画】

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 菊陽整骨院元 光の森院交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

交通事故を未然に防ぐ!|菊陽整骨院元(光の森院)

2017年08月18日

皆さんこんにちは!
今日も患者様を元気にするため日々邁進中の治久丸です。

当院では、交通事故に遭われた患者様の理由次第では、送迎を出しております。交通事故に遭い通院したいけどなんらかの理由で通院できないそんな方がおられましたら1度、光の森院にご相談下さい。

さて話は変わりますが、2017年の6月末までの交通事故件数についてですが、平成28年度2754件に対して平成29年度は2882件で128件の増減だそうです。

過去に比べ、交通事故件数は減少傾向にあるとは言えまだまだ少ない数字とは言えません。

暑い夏は、ビアガーデンなどで飲んだり子供がお休みのためお出かけしたりする機会が増え、交通事故件数の増加に繋がっているようです。

油断大敵とも言いますし、車を運転する際は十分に気をつけて安全運転を心掛けて下さい。

では、ここで安全運転のポイントを基本的ではありますが、復習の意味を込めてご紹介します。

①走行する時は、余裕ある運転計画をたてる
長距離の運転をする際は、こまめに休憩をとり、もし眠くなったら迷わず安全な場所で仮眠をとるようにしましょう。

また、目的の場所の向かう時より帰りの方に一層気を配り安全走行を心がけて下さい。慣れた頃が一番危険なんです。

②運転疲労を防止する。
③車を点検する。
④規制速度をきちんと守る※余裕を持った運転ができるよう計画を立てる
⑤十分な車間距離を取る※渋滞の原因にもなります。
⑥脇見運転をしない。※ながらスマホしてませんか?

一端交通事故に遭うと、楽しいその先の人生すら台無しにしてしまう場合もありますので、事故を未然に防ぐよう上記ののことを常に意識して運転するようにして下さい。

~お身体の事なら菊陽整骨院元光の森院にお任せ下さい~

【HP】⇒ もし交通事故に遭われたら当院にご相談下さい。
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

交通事故後のむち打ち症状を改善する|菊陽整骨院《光の森院》

2017年07月26日

皆さんこんにちは!
菊陽整骨院元光の森院の治久丸院長です。

最近知ったんですが、全国の交通事故の発生件数って昭和43年度の635,056件に対し平成28年度の発生件数は499,201件減少はしているもののかなりの件数になります。

一方、死亡件数は昭和43年度の14,256人に対し平成28年度は3,904人とかなりの減少傾向にあるんです。

減少の傾向の背景として、自動車の安全性能向上によるものまたはシートベルト着用の徹底化などがあげられます。

しかし、事故の発生件数は未だに多く、当院も毎月、交通事故の患者様後を絶ちません。

その中で特に多い症状が「むち打ち症」です。

《交通事故による患者様のお悩み一例》

■交通事故によるむち打ちの症状がとても辛い
■事故後に頭痛がしたり吐き気がしたりする
■首を回すことができない
■手足にしびれが起きている
■事故後の手続きなどがわからない

むつ打ち症は上記のような症状を伴うため、生活に支障がでてしまう場合が大半です。

菊陽整骨院元光の森院では、そんな患者様1人1人違う症状や状態に合わせた治療を行っています。交通事故に関する豊富な治療実績を備えたスタッフが対応しますので安心して治療を受けることができます。

交通事故に関するお悩・ご相談などを24時間体制で対応していますので
お気軽にご相談下さい。

身体のことなら菊陽整骨院元光の森院にお任せ下さい!!

【HP】⇒ 交通事故ページはコチラ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム