整骨院で交通事故治療の受ける際の3つのルール

2018年08月29日

皆さんこんにちは!
菊陽整骨院元光の森院の院長、治久丸です。

8月も終わりに近づき残暑残る時期になって来ました。

しかしながら、今年は猛暑のために9月も暑さが続くと予想されておりますので、9月も油断せずに引き続き熱中症などにはお気をつけ下さい。

もう1つ暑さで気を付けなければいけないのが交通事故です。
熱中症などにより、判断力が鈍り交通事故に繋がってしまうケースが目立っています。

交通事故に遭わないようにするのが一番大切になりますが、実際は何時どこで何が起こるか分かりません。

もし交通事故に遭ってしまった場合は、迅速な事故の対応とお早目に体を診察してもらうことが肝心です。

そこで今回は、整骨院で交通事故の治療を受ける際のルールについてご説明します。

基本的に整骨院で交通事故の治療を受ける場合は、自己負担金0円で治療することができます。

治療を受ける場合は以下の3つのルールがあります。

①警察に届け出を出していること。
②整形外科に受診し、診断書(コピーでも可)をご持参頂くこと。
③保険会社への連絡を済ませていること。

以上3点を、済ませておいて下さい。
分からない場合は、整骨院元でも相談に乗ることもできますので、心配は入りません。

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 整骨院元の交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

交通事故に遭った時の対処を知っておく!

2018年07月25日

皆さんこんにちは!
菊陽整骨院元光の森院の院長治久丸です。

熊本も猛暑が続いていますね。
この暑さ大丈夫と思わずにしっかり熱中症対策を行って下さい!

さて今日は、交通事故に遭った際の対処方法についてお話させて頂きます。
誰でも交通事故に遭うことがありますので、その対処方法を知っているだけで、慌てずにすみます。

まず交通事故には、当事者に義務づけられていることが3つあります。
これを怠ると、さいあく罰金や懲役などを課せられることもあるんです。

負傷者の救護

交通事故の現場で負傷者がいる場合、救急車や応急処置ができる方は行う必要があります。頭部負傷の場合はむやみに動かさいないようして下さい。

危険防止の設置など

交通事故の起きた道路では二次的事故防止をするために、事故車の移動、路上にある散乱物の除去や後ほどの警察による現場検証のためにその場の写真を残しておくなどするようにして下さい。

警察への届け出る

警察へは、どんな小さな事故でも届けでるようにして下さい。
事故の当事者同士で解決しようとすると、後でトラブルに発展してしまうケースがよくあります。

また、警察へ届けでない場合は、交通事故の関連性が証明できないため保険を使用することができません。

なので車の修理や怪我、後遺症の治療などは全て実費によって行う必要になりますので注意して下さい。

もし?交通事故を起こしたら、菊陽整骨院元光の森院でも交通事故の対処サポートができますので、分からない場合はご連絡下さい<(_ _)>

 

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 整骨院元の交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

整骨院の病院との併用について

2018年06月29日

皆さんこんにちは!
菊陽整骨院元光の森院の治久丸です。

今日は、交通事故に遭った時の整骨院と整形外科などの併用についてお話します。

事故を起こした際に、整形外科でレントゲンを撮ってもらうことがあります。

他に整形外科では、湿布や痛み止めの処方、遠赤外線のなどの療法を受けるこことがあります。

こう言ったケースでは、整形外科に通いながら整骨院に通うことが可能です。

原則として、同じ日に整骨院と整形外科に通院することは禁じられていますが、日が被らなければ通院は可能です。

整骨院は、筋肉や靭帯等の軟部組織に対する痛みの緩和に特化しているので、交通事故でのむち打ち症などの治療を行う場合は、より適切な治療が出来ます。

また、整骨院は夜遅くまで診察していますので、夜遅くまで仕事があっても通院することができますので、上手く使って下さい。

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 整骨院元の交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

 

交通事故の未然に防ぐために交通事故の原因をランキングでご紹介します。

2018年06月22日

皆さんこんにちは!

菊陽整骨院元光の森店の院長治久丸です。

今日は、交通事故を未然に防いでもらうために「交通事故の原因ランキング」をご紹介します。

さっそくランキングと理由を紹介しますので、常に意識して車を運転して欲しいです。

 

1位 「安全不確認」

交通事故の3割はこれが原因です。
車の運転慣など、安全確認をしないようになる理由も様々あり、特に意識するようにして下さい。

2位 「脇見運転」

ながらスマホなど、時には人をひいたり重大な過失に繋がってしまいますので、しないように心掛けて下さい。

3位 「動静不注視」

 

体の疲れや睡眠不足による、判断力の低下中に起きる交通事故を指します。

4位 「漠然運転」

考え事などをしながらの運転も事故の原因になっています。
また、同乗者と話に夢中になっての事故を起こすケースもあります。

5位 「運転操作不適」

アクセルとブレーキの踏み間違え、自分には絶対ないとは言えません。

車の事故は不意に起きるものばかりではありません、上記の原因を意識して運転するすることで未然に交通事故を防ぐことができます。

交通事故を起こして良い事はなに1つありません。
最悪の場合は、一生の怪我に繋がるケースもありうるので、車は安全運転を行うようにして下さい。交通事故の未然に防ぐために交通事故原因ランキングをご紹介します。

万が一交通事故を起こした際は、菊陽整骨院元光の森店にご相談下さい。

交通事故の治療では初期の段階がとても大切になります。お悩みや、わからない事があれば電話でのご相談も行っておりますので、お気軽にご相談お待ちしております。


~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 整骨院元の交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

交通事故治療で大切なカラダ作りについて

2018年06月13日

皆さんこんにちは!

菊陽整骨院元の院長治久丸です。

梅雨で雨が多く、気分もジメジメし易いですがこんな時こそ元気を出して行きましょう!

また雨が多い日は、交通事故を起こしやすくなりますので、注意をしながら運転して下さい。

さて今日は、交通事故治療をするうえで大切なカラダ作りについてお話します。

事故後にむち打ちの主症状、特に受傷後に2週間が経過すると、鈍痛、ツッパリ、ハリ感、重い、だるい、しんどい等、慢性的な肩こりに似た症状が現れます。

また、交通事故治療は仕事をしながらの治療を行うケースが多いのが特徴です。

この身体が痛むような状況で仕事などをしていると、むち打ちの治療期間が長くなっ

てしまうことがあります。

元気な身体に比べ、むち打ちで仕事をするのはダメージが違います。

なので、事故後に大切となってくるのが「回復力が高まる体作り」となります。

骨盤の歪みを整え、良い状態にクセを付けたり、筋肉をを柔らかくしていくことが

むち打ち症の早期改善に繋がってきます。

なので、交通事故後は、我慢などせず、早めに整骨院になどに痛みの症状などご相談

下さい。

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 整骨院元の交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

~菊陽整骨院元の交通事故治療(漫画)~

1 2