ストレスなどに効くツボマッサージとは!?丨菊陽整骨院元(光の森院)

2017年08月7日

皆さんこんちは!
菊陽整骨院元(光の森)院の治久丸です。

もう直ぐお盆休みで、忙しい日々を送ってらっしゃる方が多いかと思います。
今回のブログは、そんな忙しい中でのストレスに効くツボマッサージをご紹介します。

ツボの歴史は古く2000年以上も昔から治療家の人達がよく効くツボの組合せを開発し、後世に伝えられてきてます。

そんなツボマッサージを下の画像を参考にやってみて下さい!

①食欲不振に効くツボマッサージ

ストレスによる食欲減退に効くツボは(1)の足三里です。
また(2)の中かんにはストレスなどによる胃の不調などを良くする効果があります。

②不眠に効くツボマッサージ

寝れない、そんな時に効くツボは(3)失眠とか(4)三陰交が効果的です。
(4)は、足冷えで寝むれない時に効果を発揮します。心身の疲れは睡眠との関連が強く、良い睡眠はとても大切です。

③精神疲労に効くツボマッサージ

心の疲れは様々な悪症状を招きます。
気分の落ち込みや、活力の低下など人の生活に大きく関わってくるものです。
(1)、(2)、(4)〜(15)などのツボがとても効果的なので押してみましょう。
(5)のツボなどは、簡単に押せる足裏のツボなので是非試してみて下さい。

«お身体のことなら菊陽整骨院元(光の森)院にお任せ下さい»

【HP】⇒ 菊陽整骨院元光の森院
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

目は大切に!心身ともに悪症状を招く眼精疲労│菊陽整骨院元(光の森院)

2017年08月3日

皆様こんにちは!
菊陽整骨院元(光の森院)の治久丸院長です。

日々毎日使うものほど大切に扱わなくてはいけません。
そんなものだからこそ、何かあった場合に生活に支障が大きいんです

人が普段から常に使っている機能に目があります。
目はあらゆるものを視覚的に判断し、様々な情報を与えてくれます。

今回は、日常に潜む目の病気「眼精疲労」について書いてみます。

何を隠そう、僕自身が眼精疲労に悩む1人であり最近では、テレビや
パソコンを短時間見るだけで、目が疲れてしまいます。

しかしこの眼精疲労って目の疲れだけではなく、様々な悪症状を招いてしまうんです。

【眼精疲労が招く悪症状とは?】

悪症状として、物がかすんで見える、目が重くなる、目が非常に疲れる、まぶしく感じる、涙がよく出る、目が充血する、目が乾くなどです。
他にも、頭痛や背中が痛む、腕が痛む、手のしびれなどの症状がでる場合もあり、このストレスでイライラしたり、憂うつ感などの精神的症状にまで悪影響がでてしまうこともあります。

【眼精疲労の予防対策とは?】

例えば近視の方は、遠方を見るときだけに眼鏡を使って、近くのものを見る時は裸眼で見るようにすると目の負担をかなり減らすことができます。遠視の方は、目を疲れさせないように、遠視を矯正する眼鏡やコンタクトレンズを作成するようにしましょう。

ここでの注意点として、眼鏡を作る際は必ず眼科に行って下さい。
自分に合った眼鏡じゃないと、目をかえって疲れさせかねないので眼科の処方箋を眼鏡店に持って行くと、目の位置、顔の形に合わせた眼鏡を作成し易くなります。

また、読書などをする場合に付ける証明も手元だけをスタンドで照らすなどせずに、部屋全体を明るくしたうえでスタンドで手元を照らすようにすると良いです。

あたりまえのことですが、長時間のデスク作業などは目を酷使して疲れさせますので、定期的に休憩をとりながら目を休めて下さい。

一旦眼精疲労になると、治るまで時間がかかったりしますのでしっかり目をケアして、眼精疲労にならないようにしてきましょう!

〜お身体のことなら菊陽整骨院元(光の森院)にお任せ下さい〜

【HP】⇒ 菊陽整骨院元光の森院
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

薬不要!?偏頭痛の応急処置の方法│菊陽整骨院(光の森院)

2017年08月1日

皆さんこんにちは!
菊陽整骨院元(光の森院)の治久丸です。

皆さんも経験があるかと思いますが、突然襲われる頭痛って大変じゃないですか?
私も気圧の変化による偏頭痛になったりするんですが、大抵は薬で抑えることをしています。

しかし、薬を常備していない場合はどうしようもありませんしその場合はどうすれば良いのかがわからない方も多いかと思います。

そこで今回は、偏頭痛になった時の応急処置について書いてみました。

【偏頭痛になった時の対処方法】

偏頭痛の原因は、ストレスや気圧などの変化があげられますが、頭痛のがするメカニズムとして「頭の血管が膨張している」ためなのです。
なので、直接頭を冷やす対処はとても有効的だと言われています。
熱を出した時に頭を冷やす原理と同じで、痛む部分を保冷剤や氷などで冷やしてみましょう。
タオル等があると、氷枕などを作って寝てみると一層効果的だと思います。

頭痛の時に、カフェインをとるって神経を興奮させるため避けた方が良いように思えますが
実際カフェインには、血管を縮小させる効果があるため血管の膨張で起きる偏頭痛にとても効果的なんですね。
カフェインと言えば、コーヒーやお茶ですがカフェインが含まれていればどんな飲み物でも基本的にはOKなので、是非試してみて下さい。

やはというかこの方法が一番なんですが、偏頭痛がする場合は余計な刺激をできるだけ避け、安静にして頭痛が収まるのを待つのが良いでしょう。
例えば、強い光などを避け、なるべく暗いところで横になり安静にする、横になれない場所にいる時は、アイマスクや耳栓を使うのも良いでしょう。

上記の内容はあくまで応急処置になるので偏頭痛が酷い時は、病院に行って下さい。

«身体のことなら菊陽整骨院元光の森院にお任せ下さい!!»

【HP】⇒ 菊陽整骨院元光の森院肩こり・頭痛の治療ページはコチラ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

 

交通事故後のむち打ち症状を改善する|菊陽整骨院《光の森院》

2017年07月26日

皆さんこんにちは!
菊陽整骨院元光の森院の治久丸院長です。

最近知ったんですが、全国の交通事故の発生件数って昭和43年度の635,056件に対し平成28年度の発生件数は499,201件減少はしているもののかなりの件数になります。

一方、死亡件数は昭和43年度の14,256人に対し平成28年度は3,904人とかなりの減少傾向にあるんです。

減少の傾向の背景として、自動車の安全性能向上によるものまたはシートベルト着用の徹底化などがあげられます。

しかし、事故の発生件数は未だに多く、当院も毎月、交通事故の患者様後を絶ちません。

その中で特に多い症状が「むち打ち症」です。

《交通事故による患者様のお悩み一例》

■交通事故によるむち打ちの症状がとても辛い
■事故後に頭痛がしたり吐き気がしたりする
■首を回すことができない
■手足にしびれが起きている
■事故後の手続きなどがわからない

むつ打ち症は上記のような症状を伴うため、生活に支障がでてしまう場合が大半です。

菊陽整骨院元光の森院では、そんな患者様1人1人違う症状や状態に合わせた治療を行っています。交通事故に関する豊富な治療実績を備えたスタッフが対応しますので安心して治療を受けることができます。

交通事故に関するお悩・ご相談などを24時間体制で対応していますので
お気軽にご相談下さい。

身体のことなら菊陽整骨院元光の森院にお任せ下さい!!

【HP】⇒ 交通事故ページはコチラ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

暑い夏!熱中症にご用心!|菊陽整骨院元(光の森院)

2017年07月24日

皆さんこんにちは!
菊陽整骨院元(光の森院)スタッフです。

先週は当院スタッフの家族の方が熱中症で倒れられました。
突然のことで、スタッフ皆心配していたんですが、命に別条はなくとても安心しました!

今年も、日本各地35度を記録する猛暑で熱中症が猛威をふるっています
昨今では、熱中症予防のための注意喚起がニュースで流れたりしていますが、まさか自分が熱中症にはならないだろうと過信されてる方が大半のようで、熱中症は誰にでも、起こることなので、油断せずに対処することが大事となってきます。

しかし!いざ目の前の人が熱中症で倒れてしまったら、その場の応急処置が命の繋ぎとめる要になるかもしれません。

そこで、今回はもし熱中症になった人が周りにいた時の応急処置について少し書いてみたいと思います。これを知っておけばその場での的確な行動もとれるはずなのでしっかり覚えておいて下さい。

【少しでも涼しい場所に移動する】

エアコンの効いた室内また屋外にいるときは、風通しの良い日陰に移動させて安静にしてあげましょう。この時に意識が無い場合は、直ぐに救急車を呼ぶようにして下さい。また、日光には絶対当てないようにして、首や脇の下、股関節などに水をかけて冷やしてあげて下さい。

【身体を冷やし、体温を下げるようにする】

身体に溜まった熱を放出してあげることも大切で、衣服を脱がして冷たいものを使って、首筋や両わき、股関節などを冷やすようにすると良いようです。またタオルなどであおいで体温をさげるようにすると良いそうです。

【水分や塩分を補給する】

熱中症ですから、当然体中の水分が多く失われている状態です。
水分補給はかかせませんが、注意しなければいけないことは同時に塩分補給もすることです。

塩分が不足している時は、水分だけを補給すると、熱けいれんを引き起こすきっかけにもなるそうで、できるだけ塩分の補給も同時に行うようにすると良いそうです。その際は塩分を含む飴やタブレットなどがおすすめ。
※嘔吐している場合は、水分を飲ませることはは避けるようにしてください。

最後に、熱中症で倒れた場合は、迅速な対応が重要となりますが、慌てず冷静に対応するようにして下さい。

お身体の事でお悩みなら菊陽整骨院元(光の森院)にお任せ下さい。
TEL // 096-282-8866
Mail /お問合わせフォーム

1 2 3 4 5 6 7 8 9 11