「交通事故治療の通院頻度について教えて」との質問に答えます!

2018年06月15日

皆さんこんにちは!

菊陽整骨院元光の森院の院長、治久丸です。

今日は、交通事故治療を受ける時に「どれぐらい通院した方がいいですか?」との質問を良くされるので、通院頻度についてお話して行きたいと思います。

まず、事故後は何かと体が辛い状況で、生活に何かと支障がでる場合も多いです。

なので一日でも早く改善するために、初期は毎日通院した方が良いでしょう。

それではどれだけ毎日通院した方がいいのか?それは初診~3週間位は毎日治療して頂くと体の良い状態が段々と定着します。

そして治療開始から2ヵ月目に入って症状が安定してくれば1日置きに通院し、3か月目には2日おきに通院し、3か月目以降は3日おきに通院間隔にしていく事になります。

簡単に説明すれば・・・・

①初診から3週間 (毎日)

②2か月目    (1日おき)

③3か月目    (2日おき)

④3か月目以降  (3日おき)

となります。

ですが交通事故は遭われた方の事故内容によって症状もばらつきがあり、その時は通院頻度には個人差が生じますので、しっかりご説明させていただきます。

交通事故では分からない事が多いと思いますので、スタッフに気兼ねなく相談して下さい。

菊陽整骨院元 光の森店では交通事故治療を専門的に行っています。交通事故治療では初期段階が非常に大切であり、最も重要なポイントになります。お悩みや分からないことがあれば電話でのご相談も行っていますのでお気軽に相談下さい。


~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 整骨院元の交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

 

交通事故治療で大切なカラダ作りについて

2018年06月13日

皆さんこんにちは!

菊陽整骨院元の院長治久丸です。

梅雨で雨が多く、気分もジメジメし易いですがこんな時こそ元気を出して行きましょう!

また雨が多い日は、交通事故を起こしやすくなりますので、注意をしながら運転して下さい。

さて今日は、交通事故治療をするうえで大切なカラダ作りについてお話します。

事故後にむち打ちの主症状、特に受傷後に2週間が経過すると、鈍痛、ツッパリ、ハリ感、重い、だるい、しんどい等、慢性的な肩こりに似た症状が現れます。

また、交通事故治療は仕事をしながらの治療を行うケースが多いのが特徴です。

この身体が痛むような状況で仕事などをしていると、むち打ちの治療期間が長くなっ

てしまうことがあります。

元気な身体に比べ、むち打ちで仕事をするのはダメージが違います。

なので、事故後に大切となってくるのが「回復力が高まる体作り」となります。

骨盤の歪みを整え、良い状態にクセを付けたり、筋肉をを柔らかくしていくことが

むち打ち症の早期改善に繋がってきます。

なので、交通事故後は、我慢などせず、早めに整骨院になどに痛みの症状などご相談

下さい。

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 整骨院元の交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

~菊陽整骨院元の交通事故治療(漫画)~

交通事故を防ぐための大切なポイント

2018年06月5日

皆さんこんにちは、菊陽整骨院元光の森院の院長治久丸です。

6月に入り梅雨の季節がやってきました。
雨が多いと交通事故も増えるので、この時期は車の運転により注意を払うようにして下さい。

当院では交通事故の治療を行っていますが、そもそも交通事故に遭わないようにすることの方が大切ですよね。

実際に交通事故を完全に無くすことは難しいかもしれませんが、普段から事故に対して意識することで、事故を未然に防ぐことは十分可能だと思います。

今日は事故に遭わないようにするために、意識して欲しい最低限のことを書いてみます。

1.睡眠不足の時に運転していませんか?
2.多量のアルコール摂取、残ったまま運転していませんか?
3.イライラしながらまたは、心配事など考えながら運転していませんか?4.休憩をしないで2時間以上の運転していませんか?
5.思わぬ交通状況のせいでイライラしながら運転していませんか?

交通事故の大半は人為的による運転ミスが原因になりやすいです。

つまりは、事故に遭いやすい状況も自分次第となり、冷静な判断や行動が事故を未然に防ぐためにはとても重要となりますので、常に意識していただければと思います。

命設置などを普段から知っておくようにしましょう。

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 整骨院元の交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

~菊陽整骨院元の交通事故治療(漫画)~

交通事故に遭った場合の行動を知っておく!

2018年05月31日

皆さんこんにちは!!

菊陽整骨院元光の森院の院長治久丸です。

今日は、もし交通事故に遭われた時に、どうすれば良いのかについて書いてみます。

もともと交通事故を起こしてない方は、経験がないわけですから、事故際にどんな行動をすれば良いのかが分からない方がほとんどだと思います。

1.事故で負傷した方の安否を確認する。

まず負傷がいる場合は、意識の有無、呼吸の有無、心拍の有無などを確認したのちに、周囲の人に救急車の手配をお願いします。

2.負傷者を安全な場所に移動させる。

頭部などの外傷がある場合でも、道路上では他の車もあり大変危険ため、路肩や歩道橋などに移動させる方が良いとされています。

また2次災害を防ぐ目的で、移動させるのは重要となります。

3.応急手当をする。

負傷者に出血がある場合は、止血の手当などを施す必要があります。
他にも、気道確保などの救命設置をするようにします。

負傷がいる場合は怪我の度合いにもよりますが、1分1秒を争う深刻な場合もありますので、救命設置などを普段から知っておくようにしましょう。

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 整骨院元の交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

~菊陽整骨院元の交通事故治療(漫画)~

 【交通事故治・むちうち治療動画】

交通事故治療の際の自己負担額は0円です!

2018年05月23日

皆さんこんにちは!
菊陽整骨院元光の森院の院長治久丸です。

今回は、交通事故治療の際の窓口負担について書いてみます。

まずは下のグラフをご覧下さい!

これは交通事故治療で窓口負担が0円だと言う事を知っている人と知らない人の割合をグラフで表示したものです。

グラフからも分かる通り、ほとんどの人が窓口負担がかかならないことを知りません。

この治療費についてですが、通常の整骨院の治療を受ける場合と違い、交通事故治療は加害者の側の保険会社が負担してくれます。

なので、治療費のことを気にせずに治療に専念することができます。

早期治療は完治・根治への近道となりますので、交通事故に遭った際は、できるだけ早く通院し身体を治すことをおすすめします。

1つだけ注意が必要なのは、どんなケースの交通事故でも保険会社が治療費を負担してくれるわけではなく、基本的に10:0のケースに限ります。

それ以外のケースでは、双方の保険会社による話し合いに基づき誰が負担するかが決まりますので、まずは整骨院の事故担当者にご相談下さい。

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 整骨院元の交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

~菊陽整骨院元の交通事故治療(漫画)~

 【交通事故治・むちうち治療動画】

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 20