腰痛予防にランニングが効果的⁉|菊陽整骨院元(光の森院)

皆さんこんにちは!
菊陽整骨院元(光の森院)の治久丸です。

毎日の運動は健康には欠かせません、僕もランニングをやっているんですが実は腰痛の予防にもなると最近知りまして、今回書いてみたいと思います。

腰痛の原因となる椎間板ヘルニアとは「椎間板」は脊椎にあるクッションが裂けてしまい、中にある「髄核」という組織が飛び出しことで生じる腰痛なんです。

この飛び出した髄核が神経に触れることにより、腰にしびれや痛みが走り激痛となってしまうんですね。椎間板ヘルニア自体は自然に治りますが、時間がかかることが多く、激痛を回避するために手術をする人が多いと聞きます。

なぜランニングをすると腰痛の予防になるかというと、ランニングをしない人に比べランニングをする人は、椎間板が厚く水分が豊富なためなんだそうです。

なぜこのようなことが生じたのかはまだ推測の域をでていないそうです。研究者の間では、椎間版に垂直方向の負荷をかけることができてるからではないかと言われているようです。

椎間板に負荷をかけることは良くないと言われている中で、適度の垂直方向の負荷が椎間板も鍛える効果あるとする体に関する素晴らしい発見ですよね。

皆さんも、このような効果を意識するだけで走る事への意識が変わってくるのではないでしょうか。

お身体のことなら菊陽整骨院元(光の森院)にお任せ下さい。

【HP】⇒ 菊陽整骨院元光の森院の腰痛治療
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

2017年08月9日