実はスマホ依存症ってこんなに怖かった!?|菊陽整骨院元(光の森院)

皆さんこんにちは!
菊陽整骨院元(光の森院)スタッフです♪

降るわ降るわ雨が・・・本日、熊本で大雨が降り一部の地域で避難指示や警報がでています。スマホからお知らせが届くのは熊本地震以来で少し嫌な感じを思い出してしまいました。

熊本県在住の皆様は、この大雨十分にお気をつけ下さい。
さて話は変わりますが、今では当たり前のように使っているスマートフォン、いったいどれほどの時間スマホを見ているか考えたことはありますか?

私は、仕事でもスマホを使うのでかなりの時間スマホを見ているんですが普段意識しているわではないので、その時間はわからないんですね。

今日はそのスマホの危険性について書いてみたいと思います。

まずは下記のスマホ依存症度セルフチェック表をご覧下さい

1.食事中にスマホを診る
2.就寝前に、スマホを枕の近くに置く
3.トイレに行くときもスマホを必ず持っていく
4.お風呂の入る時、脱衣所にもスマホを持っていく
5.車を運転する時も、スマホを近くに置いている
6.人との会話中にもスマホを見る、または気になる
7.スマホを持っていない時、不安になる
8.着信音がなると、自分のスマホではないかと度々ちぇっくする
9.SNSをスマホでしょっちゅう確認している
10.歩いている時も、スマホをチェックしいる

人によっては、当たり前のことのようにも感じる上記の内容、幾つ当てはまりましたか?スマホ依存症になるとこの他の依存症になる危険性もあるとか。

また意外かもしれませんがスマホ依存症から、ギャンブルやお酒などの
様々な依存症に繋がる傾向があるとの研究結果も報告されているんです。

スマホでゲームを50分する時、人の脳内ではドーパミンという物質が通常の2倍出ていると報告されているです。これって覚せい剤を注射したときにでる量と同じなんだとか。このドーパミンの刺激に慣れてきて同じ刺激を求めるようになり、依存症になっていくと言われています。

さらにSNSを使う人の中にもコミニケーション能力の低下に伴い、ささないなことでキレ易くなった人が増えているとの報告も、以前からコミニケーション能力の低下については、色々囁かれてきたんですが、このような結果でか帰ってくるとは、とても切実ですね。

アナログな生活スタイルを作りスマホ依存からの脱却を目指す

スマホ依存から脱却するには、少しでもスマホを使わない1日をおくる事が大切だと言われています。インタネットを使う機器を一切使わないことをデジタルデトックスと言うんですが、そんな日常に触れることにより今までなかった刺激を受け新しい自分がみつかる気がするのは私だけでしょうか?

それでは本日はここまでで!

身体の事ならなんでもお任せ下さい!
菊陽整骨院元(光の森院)ご予約・お問い合わせ

【HP】  ⇒  整骨院元HPはコチラ
TEL // 096-282-8866
Mail /お問合わせフォーム

2017年07月6日