交通事故治療を受ける際の整骨院と整形外科の併用について

皆さんこんにちは!!
菊陽整骨院元光の森院の治久丸です。

 今回は、熊本で交通事故治療の行う際の整骨院と整形外科の併用について書いてみます。
基本的に整骨院と整形外科の両方を利用することに問題はありませんが、注意点はあります。
大事なのは、被害者が元通りの体に戻ることが目的となるため、その方法が最良となる場合は間違いなく選択するべきです。 

しかし治療費が自己負担になる場合もあるのである程度の出費がある点を押さえておいたほうが良いでしょう。

 交通事故に遭い、骨折や出血を伴う怪我を負った場合は、病院や整形外科に通いますが、出血を伴う怪我はなく、レントゲンの検査などから骨折の疑いもない場合や骨折などの外傷がある程度治り、その後の打撲や肉離れなどの症状がある場合は、整骨院での治療が可能です。

 整骨院で健康保険を使って治療できる内容は、打撲、捻挫、肉離れ、むちうち症などになりますが、治療する箇所を医療機関と整骨院で同時に治療することはできないとされており、同時に両方行うと、健康保険が認められない場合もあるので、予め踏まえておいて下さい。

ただ、同じけがの部位を医療機関と整骨院で同時に治療を受けることはできないとされています。同時に両方に通うと健康保険が認められない可能性もあるので、それは踏まえておく必要があります。

 病院の担当医が整骨院での治療を認めるケースもありますが、基本的には健康保険組合での判断となります。ただ整形外科医の中には、整骨院での治療を嫌がる例もあります。

 病院や整形外科にむちうち症などの治療目的で通うと、痛み止めなどの内服薬や湿布だけを出される場合もあり、整骨院での治療の方が良いと判断された場合に、担当医が認めない時は、整骨院に転院する方法もあります。治療目的としては併用するのが一番最良の方法と言えるますが、通えずじまいになるのは避けたいですね。

~菊陽整骨院元の交通事故治療(漫画)~

 【交通事故治・むちうち治療動画】

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 菊陽整骨院元 光の森院交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

2018年02月22日