交通事故に遭った場合の行動を知っておく!

皆さんこんにちは!!

菊陽整骨院元光の森院の院長治久丸です。

今日は、もし交通事故に遭われた時に、どうすれば良いのかについて書いてみます。

もともと交通事故を起こしてない方は、経験がないわけですから、事故際にどんな行動をすれば良いのかが分からない方がほとんどだと思います。

1.事故で負傷した方の安否を確認する。

まず負傷がいる場合は、意識の有無、呼吸の有無、心拍の有無などを確認したのちに、周囲の人に救急車の手配をお願いします。

2.負傷者を安全な場所に移動させる。

頭部などの外傷がある場合でも、道路上では他の車もあり大変危険ため、路肩や歩道橋などに移動させる方が良いとされています。

また2次災害を防ぐ目的で、移動させるのは重要となります。

3.応急手当をする。

負傷者に出血がある場合は、止血の手当などを施す必要があります。
他にも、気道確保などの救命設置をするようにします。

負傷がいる場合は怪我の度合いにもよりますが、1分1秒を争う深刻な場合もありますので、救命設置などを普段から知っておくようにしましょう。

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 整骨院元の交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

~菊陽整骨院元の交通事故治療(漫画)~

 【交通事故治・むちうち治療動画】

2018年05月31日