交通事故に巻き込まれた場合の慰謝料について

皆さんこんにちは、菊陽整骨院元光の森院の治久丸です。

2月に入り最強寒波などの影響で、寒さが増しています。
寒い中特に夜は、路面の凍結などに注意して車を運転するようお気を付け下さい。
さて今回は、交通事故に遭われた際の慰謝料について書いて行きます。

基本的に交通事故に巻き込まれた場合の被害者は、加害者に対して損害賠償を請求することができます。法的に交通事故の加害者は、被害者に対して事故に対する被害を回復させるために必要な費用を支払う必要があるのです。

これには、怪我に対する治療費や車の損傷に対する修理代また怪我などにより仕事を休むことになった場合の、休業補償の費用などのことを言います。このように被害者から加害者へ費用を請求する事を、損害賠償請求と呼ばれています。

損害賠償請求には、身体的な被害意外にも精神的被害に対して請求をすることもできます。
この精神的苦痛により生活面での支障がでる場合の損害賠償が、慰謝料と呼ばれています。

例として、交通事故の被害者的立場になり事故のショックのせいで、不安や緊張状態に陥り生活に支障がでる場合などの精神的苦痛などが該当すると言われています。

精神的被害の場合は、身体的な怪我とは違い傷の深さをなどを測ることは難しくなります。
精神面での苦痛は人のよっても違います、そのため慰謝料などの相場は治療にかかった期間や過去の交通事故の事例などにより大体相場が決まっているようです。

怪我により後遺症などを患ってしまった場合や、怪我の程度が酷く長期入院を余儀なくされる場合は慰謝料の金額も上がっていきます。

そして、被害者が交通事故に遭って死亡した場合は、慰謝料の金額が一番高くなります。
死亡したケースの場合は、遺族に対して支払が発生するからです。

菊陽整骨院元光の森院でも様々な交通事故のご相談を24時間受け付けておりますので、事故に遭った際は、お一人で対応せずご相談下さい。

~菊陽整骨院元の交通事故治療(漫画)~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【交通事故治・むちうち治療動画】

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 菊陽整骨院元 光の森院交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

2018年02月2日