交通事故での後遺症について

皆さんこんにちは!!
菊陽整骨院元光の森院の治久丸です。

今回は、交通事故に遭った時の「後遺症」について書いて行きます。

交通事故に遭った時は、事故の内容にもよりますが、その時に重症を負いはっきりと後遺症が残るものと、その時はなんともなく後になってから交通事故の影響で後遺症がでてくるものがあります。

事故の時の症状がはっきりしている場合は、補償などの面でスムーズに話がつくこともありますが、事後に後遺症が出てきた場合に既に和解をしてしまっている場合は、補償などの話ができなくなってしまうだけに、和解をする時は注意が必要です。

加害者も被害者も長いこと交通事故のことを引っ張って入られないので、どこかのタイミングで話を付ける必要があるでしょう。しかし交通事故に遭ってからそんなに時間も経たない内に和解するのは禁物です。交通事故は焦らずその状況を良くみるようにしましょう。一人で判断せずとりあえずは周りに相談してみるのも良いかもしれません。

最低限、和解をする時は病院などで精密検査を受けたうえで、体に異常がないことを確認してから話を進めましょう。事後に後遺症によって苦しむ例も良くありますので、安易に和解の流れは気を付けて下さい。

交通事故の怪我などは、その時は大したことなくても元々強すぎる衝撃を受けることが多いですから、当人の気づかないところで体内と体外にダメージを受けているという事があるだけに面倒くさいからと言って、自己判断で大丈夫と思いこまず病院で精密検査を受けて体に問題ないことを確認してから和解の話を進めましょう。

交通事故は後々困る事例も少なくありません、そうならないよう慎重な形をとるようにして下さい。

~菊陽整骨院元の交通事故治療(漫画)~

 【交通事故治・むちうち治療動画】

~交通事故治療に関するご相談ならお任せ下さい~

【HP】⇒ 菊陽整骨院元 光の森院交通事故治療ページ
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

2018年03月9日