ストレッチで体が柔らかくならない理由

皆さんこんにちは!

菊陽整骨院元光の森院、院長の治久丸です。

皆さんは体が硬くて悩んだことはありませんか?

例えば・・・

■部活などで先生から体が硬いと言われる

■太ももの後ろが突っ張る

■太ももが突っ張って床に手がつかない

■肩や肘などが痛くなり、病院で診てもらったら、体の硬さが原因だと言われた。

しかも体が硬いから、ストレッチをしているのになぜか?体が柔らかくならないことってありませんか?

理由として、大殿筋(上部繊維)と言われるお尻の筋肉が弱くなることで骨盤が緩くなります。

すると骨盤を固定するため、筋肉以外の靭帯などで骨盤を強く固定しようとします。

結果、太もも裏の筋肉(ハムストリング)が強く収縮して筋肉が硬くなるのです。

大殿筋上部線維

つまりは、お尻(大殿筋上部線維)の筋肉を鍛えることで、骨盤をお尻の筋肉で固定できるような体を作れば良いのです。

ストレットをしても体が柔らかくならない!そんな悪循環を変えるためにも、まずはお尻の筋肉を鍛えてみて下さい。

【HP】⇒ 菊陽整骨院元
TEL // 
096-282-8866
Mail /
お問合わせフォーム

2018年07月4日